毎朝のパンに一工夫!レンジで簡単「クリームボックス」で甘いひとときを

毎朝のパンに一工夫!レンジで簡単「クリームボックス」で甘いひとときを

朝ごはんで毎日パンを食べている人は多い。なんでも載せたり塗ったりできるのがパンのいいところだが、バターや市販のスプレッドでは少しマンネリ……でも気の利いたディップを作るのは手間……。そんな方には、福島のあま〜いご当地パン「クリームボックス」を簡単に作ってしまおう。

クリームボックスとは


クリームボックスは福島県郡山市が発祥のご当地パン。1976年に郡山市内のパン屋から誕生したとされ、現在では数多くのパン屋、スーパーで取り扱われている。甘くて分厚く価格も100円前後と、学生のお腹を満たすにはもってこいのパンだ。
クリームボックスは4枚切りほどの分厚い食パンに、ミルクの風味が効いたクリームが乗っている。場合によってはトッピングがされていたり、微妙に風味が違うこともあるが、パンにミルク味のクリームという基本の構造は同じだ。冬はみかん、春はいちごなど、季節ごとにアレンジを加えることもあるらしい。


シンプルでありながら、他県はおろか福島県内の別地域にはあまり流通しておらず、まさに郡山市のローカルフードと言えるだろう。
練乳とも、ミルクジャムとも、、生クリームともとれない不思議なクリームの味。今回は、レンジだけでできる作り方を紹介しよう。



クリームボックスを作ってみよう

レシピ


材料(1枚分)


クリームボックス


食パン 1枚(6枚切りか4枚切り)
牛乳 50cc
砂糖 小さじ1
コーンスターチ 4g
練乳 10g
バターかマーガリン 3g


 


作り方



  1. 耐熱ボウルで、牛乳と練乳を混ぜる。

  2. \t
  3. ボウルに砂糖とコーンスターチを加え、ダマにならないように混ぜる。

  4. \t
  5. レンジで50秒温め、混ぜる。これを繰り返し、もったりクリーム状になったらバターを加えて混ぜる。

  6. \t
  7. クリームが温かいうちに食パンに塗り、冷ます。好みで、軽くトーストする。


 


実食


クリームボックス


一口食べるとひろがるミルクの香り……バターの風味の濃いミルクジャムみたい。甘いけれどくどくなくて、ぺろりといけてしまうはずだ。バターを入れる工程で、レモン汁を数滴入れると、爽やかなレモンミルクボックスになる。アレンジが簡単なので、イチゴを入れたり、ココアを入れても美味しそうだ。練乳を常備し、ミルクボックス・ライフを楽しもう。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP