ローカルのおいしい駅弁が食べたい|紅鮭はらこめし

ローカルのおいしい駅弁が食べたい|紅鮭はらこめし

ローカルの楽しみの一つ、食。


ローカルは食の宝庫だと思う。その地域でしか食べられないものがよく店に並んでいる。


鮮度的にどうしても遠方へは運べない場合や、その地域ではメジャーだけど全国区では知られてない食べ物、数が確保できない食べ物もある。


それ以外にも、その地域でしか売っていないものもある。


この駅弁もそうかもしれない。


ローカルへ行くときの楽しみの一つ、駅弁。


今回は紅鮭はらこめしだ。これは宮城県にある仙台駅で売られている。


紅鮭はらこめし


これは、宮城県亘理町の秋の味覚「はらこめし」を駅弁にしたものだ。


農山漁村の郷土料理百選にも選ばれた郷土料理で、かつて仙台藩主・伊達政宗も食べたとか。


鮭の煮汁炊かれたご飯の上に、鮭の身といくらがのっている。


量もそんなに多くなく、ほどよい量で食べられる。


駅弁は地域の料理で作られていることも多く、その由来を調べるのも楽しい。


そして由来をしることで、またその地域に興味が湧くのだ。