夕飯の一品追加にも、おつまみにも、非常食にも!ご当地缶詰の世界〜広島編〜

夕飯の一品追加にも、おつまみにも、非常食にも!ご当地缶詰の世界〜広島編〜

毎日の献立を考えるのに苦労している主婦にとって、手軽に一品追加できる缶詰は心強い味方。我が家でも何種類かの缶詰を常備していますが、みなさんはどんな缶詰を常備していますか?


先日、知人の紹介で「ご当地缶詰」なるものを発見しました!最近はさまざまな缶詰が販売されていて、その種類も増えているんですね〜。


お酒のアテにもぴったりなご当地居酒屋グルメ


鳥皮みそ煮


ということで、今回は広島のご当地缶詰を紹介したいと思います。
広島のローカルグルメと言えば、牡蠣やお好み焼き、汁なし坦々麺が有名です。最近ではレモンを使った商品も増えていますね。


でも今回紹介するのは、そのどれにも当てはまりません!
広島県呉市のご当地グルメ「鳥皮みそ煮」の缶詰です。


鳥皮みそ煮
広島呉名物・鳥皮みそ煮(参考価格 300円・税抜き)。2013年8月発売開始。もともとは販売元・ヤマトフーズ株式会社社長が呉出身でこの料理を知っていたこともあり、地域の特色を活かした商品として商品化。

鳥皮みそ煮は、戦艦大和の地、広島県呉市の居酒屋で戦後より親しまれている、鶏の皮を味噌で煮込んだ一品料理。店により味は異なるものの呉市一帯では、鳥皮の味噌煮やみそだきの名で浸透している名物料理です。(ヤマトフーズ株式会社 瀬戸内レモン農園HPより引用)



この缶詰を通して初めて知ったご当地グルメでしたが、実はこの缶詰、過去にもさまざまなメディアで取り上げられていたようです!


ということで、早速購入して食べてみます〜!


いざ、実食!


まずはシンプルに、ご飯に乗せて食べてみました!


鳥皮みそ煮
缶ごと湯煎で温めて取り出した鳥皮みそ煮に、ネギを混ぜてご飯に乗せてみました。

濃厚な味噌でしっかり煮込まれた鳥皮は、もうプルップル!甘辛の味噌ダレと鳥皮から出たコラーゲンで、ガッツリご飯が食べたくなるお味です。(お酒が好きな方にも、鳥皮みそ煮の濃い味がビールに合うと思います!)


今回私はネギを入れてみましたが、七味を加えてピリッとしたお味を楽しんでいる方もいらっしゃるようですね。


缶詰料理はアレンジも楽しみの一つ


そして販売元HPに掲載されていた、カレーアレンジにも今回挑戦してみました!


みそ煮カレー


カレー粉を入れて火を通すだけの、簡単レシピ!「カレーが食べたいけど、調理の手間は省きたい・・・」っていう日にぴったりだなと思いました!(詳しいレシピはこちらを参照ください)


鳥皮みそ煮


ちなみに、以前非常食について記事を書いていたときに、「缶詰も非常食になる」という情報を入手。
そう!実は缶詰の賞味期限は長く、未開封の状態で2〜3年という缶詰が多いようです。(鳥皮みそ煮缶の賞味期限は、製造から3年です。)


普段は主婦の味方に、そしていざという時は家族を守ってくれる優れものとして、お家にいくつか缶詰を常備しておくのもアリだなと思います。


いつもとちょっと違う缶詰を食べてみたいという方は、ぜひ全国各地のご当地缶詰もチェックしてみてはいかがでしょうか?


 


▼取材協力
瀬戸内レモン農園(ヤマトフーズ株式会社HP)
 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP