東京ローカルのおいしいごはんが食べたい|北京ちゃんぽん

東京ローカルのおいしいごはんが食べたい|北京ちゃんぽん

地域で愛される、中華料理中心の大衆食堂、「町中華」。駅前だったり路地裏だったりいろいろな所にあって、その地域の方々のランチスポットになっている東京ローカルの「町中華」のおいしいごはんを紹介します。

今日の町中華は神田にある「天津飯店」。


今回は神田駅近くの商店街にある「天津飯店」さん。


以前は銀座にあったらしいのだが、今は神田に移転してきて、神田界隈の方のお腹を満たし続けてきた歴史ある町中華。


歴史ある町中華は、いろいろオリジナルなメニューもあって楽しみだ。


今日は北京ちゃんぽん


今日のちゃんぽんは「北京ちゃんぽん」。


北京ちゃんぽん


ランチ時に訪れて、メニューにはちゃんぽんでも「北京ちゃんぽん定食」と「白湯ちゃんぽん定食」が並んでいる。


真っ赤なちゃんぽんは初めてだったので「北京ちゃんぽん定食」にすることに。


運ばれてきたのは、真っ赤なちゃんぽんとご飯、水餃子と冷菜、そして杏仁豆腐。


目当ての「北京ちゃんぽん」は、クタクタになった野菜とイカなどの海鮮系が具だくさんに入っている。


麺はスタンダードなもちもちしたちゃんぽん麺。


真っ赤なスープだが、猛烈に辛いということはなく、ちょうどいい辛さの辛旨なスープで食をそそる。


辛いのは得意だが、辛すぎなくてちょうどいい。


ちょっと辛いかなと感じるときは、冷菜、水餃子、ライスで口直しをしながら食べるとちょうどよかった。


シメの杏仁豆腐で口の中を落ち着けて終了。


商店街をあるくと、昔の店から今の店までまちの移り変わりが見れて面白い。


今度はこの商店街の別の店も開拓してみたい。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP