【魚漢字クイズ】「小鰭」なんて読む?江戸前寿司の光モノといえば・・・?

【魚漢字クイズ】「小鰭」なんて読む?江戸前寿司の光モノといえば・・・?

「小鰭」なんて読む?

ヒント①:酢締めが定番
ヒント②:出世魚としても知られている

答え:こはだ

答えは「こはだ」でした!小鰭はニシン目ニシン科コノシロに属する魚です。また、シンコ→コハダ→ナカズミ→コノシロと名前を変えて成長する出世魚としても知られています。

江戸前寿司の光モノとしても

江戸前寿司の光モノの代表枠でもある小鰭。身がやわらかいため酢締めで食べるのが一般的です。
また小鰭は職人泣かせの寿司種とも言われ、独特の味があり水っぽさがある小鰭は、仕込みで職人の腕が分かると言われているのだそう。

有明海の小鰭

有明海は九州北西部にある海で、福岡、佐賀、 長崎、熊本の4県にまたがっています。この有明海で獲れる小鰭は脂乗りが良いと評判が良いのだそう。佐賀県藤津郡太良町竹崎地区では、水揚げされた小鰭の多くが東京豊洲市場へ出荷されています。



今回は「小鰭」をご紹介しました。

参考:東京ズーネット(https://www.tokyo-zoo.net/)
参考:漁村の活動応援サイト(https://gyoson.suisan-shinkou.or.jp/index.html)
参考:NHK(https://www.nhk.jp/p/tsubo/ts/3LWMJVY79P/)
参考:ザ・豊洲市場(http://www.toyosu-market.or.jp/)

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP