北海道ローカルライターいち押し海老スープカレーをご紹介!

北海道ローカルライターいち押し海老スープカレーをご紹介!

北海道発祥のソウルフードとしても有名なスープカレー。今回は北海道ローカルライターが「北海道に行ったつもりで楽しめる、いち押スープカレー」をご紹介します。連休のおうち時間をもっと楽しむ、お取り寄せが可能な札幌カリー ヨシミのスープカレー3種セットの食べ比べレポートです!

スープカレーは北海道で生まれた?


サラサラしたスープカレー、初めて食べた時は衝撃的でした。しかし、一度食べるとハマってしまう人が続出なのもこの料理の特徴なのでしょう。スープカレーの元祖とも言われる料理が誕生したのは今から約50年前のこと。当時札幌にあった「アジャンタ」という喫茶店の創業者、辰尻宗男さんがつくった “薬膳カリィ” がオリジナルとされています。辰尻さんがこの料理を開発したきっかけは、家族や自分の健康のためだったそうです。漢方やスパイス、薬草などの効用を考えながら調合を工夫し、試行錯誤を繰り返しながら、味がよく、体を整えてくれるスープを長年かけて開発したという、当時のエピソードが薬膳カリィ本舗アジャンタ総本家WEBサイトで紹介されていました。


当時の “薬膳カリィ” は「スパイス + 漢方薬」のオリジナルスープに ご飯をそえるだけのもので、野菜などの具材は入っていませんでした。


その後「中の野菜を捨てるくらいなら食べさせて」との常連客からの要望で、具材が入った今の形となったそうです。1993年にはスープカレーの老舗「マジックスパイス」(札幌市)がオープンし、この料理に "スープカレー" という名がつけられたのが名称の始まりでした。そこから約30年が経った現在も北海道では多くのスープカレー店が誕生し、その人気ぶりが今や全国規模になったのですね。


スープ
スープカレーはハーブやスパイスが味の決めてに(写真提供:株式会社YOSHIMI)

 


北海道ライター、いち押しは海老スープカレー!


筆者はスープカレーに目が有りません。通常のルウカレーには無い、さっぱり感や味わい深いスープとして楽しみながら具材本来の味を楽しめる点がこの料理のファンになったきっかけでした。筆者は、スープカレー激戦区の札幌までは高速道路を使っても車で約2時間かかる場所に住んでいるため、美味しいスープカレーが自宅で手軽に食べられたらいいなぁ。とオンライン購入できるスープカレーを探していた時に出会ったのが今回ご紹介するYOSHIMIの“海老スープカレー”です。


海老スープ
YOSHIMIの海老スープカレー(イメージにはキャベツ、ピーマン、なす、しめじを追加しています)

このスープカレーはYOSHIMIが運営していたカリー専門店 「ラ・メゾン・ド・カリー・クゥー」(札幌中心部に店を構える現在は閉店している)が創った本格スープカレーのおみやげ品で、北海道内、主要お土産品店で購入が可能なほか、YOSHIMIオンラインショップでの販売が可能になっています。


YOSHIMIシェフこだわりのスパイスを最大限に効かせ、野菜のブイヨンだけでなく、えびを煮込んで、旨みと風味を最大限に引き出しているそうです。味わい深く仕上げたえびスープの濃厚さが印象的。エビオイルを贅沢に使ってえびの風味と旨みがたっぷりと溶けこんだ奥深い味わいです。


3種比較
3種セット

YOSHIMIのスープカレーには3種類の味があります。送料無料で買いやすい3個セットがあるので、さっそく食べ比べしてみました。


中身
箱の中身はこちら
茹でる
10分熱湯で加熱します

一番人気「じゃがいもチキン」


YOSHIMI広報の担当者に取材をしたところ、一番人気のある味は“じゃがいもチキン”だということです。こだわりの具材には、ホクホクの北海道産メークインとやわらかジューシーな骨付きチキンが丸ごとごろりと入っています。やわらかチキンの秘密は、じっくりコトコト煮込んで、さらにゆっくり冷ますことでうま味はそのままに、ホロリとくずれる食感が楽しめます。


皮付きのままブイヨンで煮た北海道産のメークインも豊かな風味です。


じゃがいもチキン
筆者撮影(青野菜とナスは自分で追加)

 


お肉好きにはたまらない「ポーク&やさい」


ポーク野菜
豚バラ肉を贅沢に使っています

ボリュームを楽しみたい方にオススメしたいのは、厚切りポークを贅沢に使った“ポーク&やさい”です。スープカレーとベストマッチの柔らかい肉質に仕上げるために、大ぶりで肉厚のポークを軽く塩でマリネしてうま味を引き出してから、トロトロに煮込んでいるそうです。我が家の男性も、充実感のある量に大満足していました。お肉だけじゃなく、食感も楽しめるレンコン、じゃがいもがごろっと入っています。甘みを引き出すキャベツをはじめ、スープの中に道産玉ねぎなどの野菜のブイヨンもたっぷり使われています。


おすすめアレンジと美味しい食べ方


色味が入るだけで食欲と満足度もぐっと上がります。YOSHIMIのレトルトスープカレーはスープ本体とブイヨンに別れている点が特徴です。ふたつの袋を加熱し混ぜ合わせた後に、ご自宅でお好みの野菜を焼いたり揚げて添えるとこの通り。レストランさならがのスープカレーが楽しめちゃいます!ぜひ好きなアレンジを加えて、お好みの味を探してみてくださいね。


あたり
お好み野菜を添えてさらにボリュームと満足感アップしたじゃがいもチキン(写真提供:株式会社YOSHIMI)

 


●お取り寄せ情報
「YOSHIMIスープカレー」はこちらからチェック YOSHIMIオンラインショップ


●取材協力
株式会社YOSHIMI
 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP