日常使いでもアウトドアでも。“ものづくり”を大切にするふたつのメーカーがコラボして生み出した鉄鍋「どっちどっちも」

日常使いでもアウトドアでも。“ものづくり”を大切にするふたつのメーカーがコラボして生み出した鉄鍋「どっちどっちも」

2022.07.14

インテリアメーカーと老舗のフライパンメーカーがコラボして生まれた鉄鍋「どっちもどっちも」。鍋だけでなく、セットの鉄製の蓋も調理器具として使えるユニークなアイテムを紹介します。

インテリアやエクステリア・DIY商品を展開する株式会社友安製作所と、老舗のフライパンメーカー・藤田金属株式会社のコラボレーションによって生まれた鉄鍋「どっちもどっちも」を紹介します。

この「どっちもどっちも」は、本体を鉄鍋として使用することはもちろん、蓋も鉄製なため、こちらも火にかけてフライパンやスキレットのようにして使うことができます。
また、ガス火やIHなどにも対応しているほか、直火もOKということでキャンプなどのアウトドアシーンでも活躍してくれるでしょう。

鍋も蓋も、そしてインドアでもアウトドアでも。
まさに“どっちもどっちも”というわけですね。

また、「どっちもどっちも」は、今回コラボレーションすることとなった藤田金属株式会社の技術をおおいに活かしたつくりになっています。

一般的な鉄鍋は、防錆処理としてクリアー塗装がされており、これを一度火を入れて落とすという作業が必要ですが、本製品には藤田金属株式会社による「ハードテンパー加工」が施されており、錆びにくさはそのままに、最初から油がよくなじむ使いやすい仕様になっています。

日常でもアウトドアシーンでも使える、とてもタフで汎用性の高い鍋として、長く愛用できるアイテムをお探しの方にオススメです。

商品名:どっちもどっちも
サイズ:本体(下):約21.4×28.0×9.0cm(底の厚さ1.2mm)
蓋(上):約21.0×29.0×4.5cm(底の厚さ1.4mm)

本体:鉄製(普通鋼板)/持ち手(両手):ステンレス鋼
表面加工:ハードテンパー加工

重量:本体(下):約770g
蓋(上):約620g

本体:(満水容量)約2.7ℓ
蓋:(満水容量)約1.5ℓ

仕様:【使用可能】直火、ガス火、IH(100V・200V)、シーズヒーター、オーブン、オーブントースター
【使用不可】電子レンジ、食洗機

価格:6,820円(税込)