【コロナ禍で暇になりラーメン屋を開業から2年】店舗を通して【若者が活躍できる環境】を創出

【コロナ禍で暇になりラーメン屋を開業から2年】店舗を通して【若者が活躍できる環境】を創出

2022.12.19

2020年10月、新型コロナウイルス感染症の影響で日常を過ごせず暇になった大学生が、地元奈良で始めたラーメン屋:すするか、すすらんか。は、2022年10月で開業2周年を迎えました。

すするか、すすらんか。の取り組み

ラーメン屋の経営は西にとって人生を楽しむ手段の一つであり、就職活動や進路に不安を抱いている学生が多い中、それを通して同世代に人生の“選択肢”を示していこうと考えています。

すするか、すすらんか。では、飲食に興味を持つ学生をバイトスタッフやインターン生として迎え、飲食に関する様々な機会提供をすると共に、何かしたいともがく学生が第一歩を踏み出せる環境の創出を目指します。

今回、インターン生で商品開発に興味がある近畿大学農学部応用生命学科3年生 岡鼻ひかるさんが考案したメニューを12月18日(日)から24日(土)までの期間限定メニューとして、店舗にて販売します。企画から商品PRまでを、当学生が主体となってプロデュースしており、商品開発に対する興味をすするか、すすらんか。を手段として実践する機会となりました。

また、一日店長企画や奈良を代表する有名ラーメン屋とのコラボ営業も実施し、それに関わる学生が人生の“選択肢”を広げられるように、今後もすするかすすらんかは、飲食を通して“若者が活躍できる環境”の創造に力を入れます。                               

商品情報

販売商品:大籠包麻婆豆腐ラーメン
販売価格:1200円
販売日:2022年12月18日(日)〜24日(土)
※火曜日は定休日 平日18:00〜21:00 土日11:00〜15:00 18:00〜21:00

販売場所:すするか、すすらんか。奈良県奈良市南城戸町28-34
近鉄奈良駅から徒歩10分/JR奈良駅から徒歩10分

すするか、すすらんか。

近畿大学農学部に通う現在4年生の2人を中心に商う奈良のラーメン店。代表の西は高校時代までプロドラマーを目指していました。夢は諦めたものの「自分が生み出すもので人の心を動かしたい」という意志は変わらず、学生のうちに起業を選択。地元・奈良を盛り上げたい想いも相まり、大学内で料理の腕前が評判となっていた友人の奥野を誘い、学生だけで運営するラーメン店「jinniyah/奈KAMA(じんにいや・なかま)」を開業しました。

同店は2021年3月~5月にかけて実施した中川政七商店・N.PARK PROJECTによるコンサルティングを経て、「すするか、すすらんか。」に店名を変更。店名は代表の西が何事にも「やるか、やらんか。」が口癖であることから名付けました。

看板メニューは、「麻婆豆腐ラーメン #革命物語」
豆板醤や甜麺醤、唐辛子など7種類の調味料から作るこだわりの麻婆豆腐は、できるだけ多くの方に美味しく食べていただきたい思いから、辛味を抑えた“旨辛やみつき味”に。とろみがほどよくついた麻婆豆腐がもちもちの麺とよく絡み合う、大人気のメニューです。また辛さは常人・超人・魔人の3種類からお選びいただけます。注文を聞いてから中華鍋を振り、すする人それぞれに合ったお好みの辛さに仕上げます。

KINDAI RAMEN VENTURE 近大をすすらんか。

2021年10月に、代表の西と現役近大生のメンバーを中心に「学生が学生にメシを届ける。」プロジェクトとして始まりました。2023年3月の卒業するタイミングで次の学年の学生に引きつぐ。1年交代で代表が変わり、店を経営するという仕組みです。ラーメンをすすってもらうことを通して、色々な思いを伝えたいと思っています。

学生にキャンパス内で実際にラーメン屋を起業・経営する機会を提供し、実践的な飲食店経営を学ぶことで、卒業後の事業展開や新たな企業への挑戦を支援する仕組みです。

アメリカ・ボストンで大行列ができるラーメン屋「TSURUMEN DAVIS」を経営する近畿大学卒業生の大西益央氏が、アドバイザーとして起業に挑戦する学生をサポート。本プロジェクトの実績を通じて、大学全体で学生の起業家精神が醸成されることを期待し、始まったプロジェクトです。

すするか、すすらんか。公式HP URL https://susuruka-susuranka.com/
株式会社やるかやらんか 公式HP URL  https://yaruka-yaranka.co.jp/