【通販サイトオープン】北海道・十勝のオーガニック農家「折笠農場」オリジナルブランド「orikasa」

【通販サイトオープン】北海道・十勝のオーガニック農家「折笠農場」オリジナルブランド「orikasa」

2022.12.21

北海道・十勝幕別町の株式会社折笠農場は、自社で栽培したオーガニック野菜・穀物を使用した商品のオリジナルブランド「orikasa」を発表します。併せて、自社通販サイトをオープンしました。

北海道・十勝のオーガニック農家のパイオニア「株式会社折笠農場」のオリジナルブランド「orikasa」

オリジナルブランド「orikasa」

自社で栽培したオーガニック野菜・穀物を使用した商品を販売しているオリジナルブランド「orikasa」の通販サイトでは、以下商品を取り扱っています。

【400日雪室熟成じゃがいも「オーガニックさやあかね」】
株式会社折笠農場が、北見農業試験場からオーガニック栽培に適した強い品種として、試験栽培の要請を受け栽培したじゃがいも「オーガニックさやあかね」。数年間にわたり取引先で試食アンケートをとり続け、美味しさの5段階評価で4.3という高評価の結果を受け、世に送り出された品種で、一般的にはあまり流通されていない希少な品種です。この美味しくて希少なじゃがいも「オーガニックさやあかね」を400日雪室熟成し、甘みと旨味を最大限に引き出しました。

テレビでも取り上げられた、400日雪室熟成じゃがいも「オーガニックさやあかね」

【10年かかった「オーガニックミニトマトジュース」】
来場してくれた親子へアンケートを実施、統計をもとに10年かけて60品種の中から選び抜いた1品種のミニトマトだけを選び抜きました。苗を植えた後、水を一切与えない環境で育てることによって甘みと酸味がしっかりとある味の濃いミニトマトができます。さらに自社工場で製造することで加熱温度や時間に徹底的にこだわり抜くことができ、”生のミニトマトを丸かじりした時のような味”を表現することができました。

お歳暮などにもおすすめ!10年かかった「オーガニックミニトマトジュース」

【日本初の純国産「オーガニックマスタード」】
“主役は、マスタード。”私たちが作りたいマスタードが完成するまでに6年かかりました。原料はマスタード・酢・塩の3つのみです。マスタードは、13品種のマスタードを試験栽培し、3品種に絞りオリジナルの配合でブレンドしました。酢は「オーガニックさやあかね」で作ったオーガニックじゃがいも酢、塩は伊豆大島の自然海塩「海の精」を使用しています。私たち農家だからこそこだわり抜いた味ができ上がりました。

日本初の純国産「オーガニックマスタード」はこだわり抜いた素材で作り上げました

【100%植物由来の原材料のみで作った「オーガニックプラントベースマヨディップ」】
じゃがいもや揚げ物にぴったりの、ソースのマヨディップです。野菜嫌いのお子さんでも、モリモリ食べて欲しいとの想いから作りました。有機大豆をベースに、旨味が詰まった十勝産有機マッシュルーム「とかちマッシュ」約1個分が1瓶に入ってます。

100%植物由来の原材料のみで作った「オーガニックプラントベースマヨディップ」