【横浜初出店】クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」、姉妹ブランドの「山ノチーズ」とのコラボレーションで

【横浜初出店】クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」、姉妹ブランドの「山ノチーズ」とのコラボレーションで

2023.01.22

クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」と姉妹ブランドの「山ノチーズ」とのコラボレーションした合同店舗を、そごう横浜店8階催事場にて1月18日(水)から2月14日(火)に開催される「CHOCOLATE PARADISE」に、横浜エリアへ初出店します。

HiO ICE CREAMは、2019年4月に東京・自由が丘の閑静な住宅街に通じる緑道沿いに佇むガラス張りの小さな工房を立ち上げ、スクープショップは週末のみ営業を行っています。創業から3年が経過し多数のお客様より「横浜エリアにもぜひお店を出店してほしい」「平日でも食べることができるお店があったら嬉しい」など温かいご要望を多数いただいていたことから、期間限定となりますがそごう横浜店に出店することにいたしました。

自由が丘アトリエでも一番人気のシグネチャーフレーバー「美瑛シングルオリジンミルク」やバレンタインにぴったりの「チョコレートミント」を含む6フレーバーを展開予定です。

<販売予定のフレーバー>
・美瑛シングルオリジンミルク
・チョコレートミント
・塩キャラメル
・ぽんかんマーマレード
・チャイ
・イチゴ<シャーベット>
※各フレーバーともに数量限定

「山ノチーズ」は、クラフトアイスクリーム🄬「HiO ICE CREAM(読み:ヒオ アイスクリーム)」 、クラフトバタースイーツ「Butters(読み:バターズ)」の姉妹ブランドとして、2022年11月15日よりオンライン販売、その後11月23日より1週間、大丸東京店にて初のポップアップストアをオープンしました。

「山ノチーズ」のメインプロダクトである、北海道の素材とチーズを掛け合わせた新食感のパイ菓子「山ノチーズパイ」は、ローンチから10日間で2万食超を販売し大変ご好評いただいています。

また、今回のそごう横浜店での出店では、大丸東京店オープン初日に2時間で完売した「重ねチーズケーキ」も数量限定で販売します。

メインプロダクトの「山ノチーズパイ」は、512層からなるチーズパイに北海道十勝産のパルメザンチーズをひと振りして焼き上げ、チーズの香るパイ生地の中央にはバターを作る過程で生まれる副産物であるバターミルクパウダーとチェダーチーズパウダーを加えたチーズクリームを乗せました。ひとくち頬張ると、サクサクしたパイ生地とミルクのうまみを感じる優しいチーズクリームが口の中で広がります。

また、今回の出店では、同じく姉妹ブランドのButtersとのコラボレーションにより産まれた冬季限定の新プロダクト「生チョコとチーズ」を数量限定で新発売します。

生チョコとチーズはベイクドチーズケーキと生チョコレートが重なり奏でる新食感のチョコレートスイーツ。八朔ジャムが華やかに香るホワイトチョコレートの「SHIRO」、50%カカオが優しく香るミルクチョコレートの「KURO」の2種が4個ずつ入ったとっておきのひと箱です。

凝縮したミルクのようなおいしさが詰まったベイクドチーズケーキは、クリームチーズをベースにコクのある北海道産のゴーダチーズをプラス。そこにバターミルクパウダーを隠し味に加え、よりまろやかな味わいを演出しました。 上に重ねた生チョコレートは、インドネシア産カカオにこだわる京都のショコラティエ「dari K」のチョコレートを使用しています。

SHIROはピュアなカカオの風味を感じるホワイトチョコレートに八朔ジャムを忍ばせ、ほろ苦さと酸味、甘みが華やかに奏でます。KUROは50%カカオの王道ミルクチョコレートがチーズの風味を爽やかに引き立てます。

私たちは、「HiO ICE CREAM」「Butters」「山ノチーズ」といったクラフトスイーツブランドを通じて、バターやチーズなど乳加工品を製造する際に発生する副産物も含め、あらゆる乳製品の可能性を引き出すことで持続可能な環境づくりに貢献し、次の世代につなげるモノづくりを目指してまいります。

そごう横浜店 POP-UP

開催日程:1月18日(水)〜2月14日(火)
開催場所:そごう横浜店 8F催事場「チョコレートパラダイス」
住所:横浜市西区高島2-18-1
営業時間:10:00~20:00

HiO ICE CREAM

クラフトアイスクリーム「HiO ICE CREAM」は、「MAKE HAPPY ICE CREAM MORE THAN EVER」をブランドミッションに掲げ、2019年4月に創業しました。
おいしさを追求するために各地の魅力あふれる素材を探し求め、素材本来の良さを引き出せるよう、ひとつひとつの作業工程毎に最適化した機械・テクノロジーを活用し、手間を惜しまず、ハンドメイドならではの温かみを添えて、心を込めて丁寧にアイスクリームを作っています。
東京・自由が丘の閑静な住宅街に通じる緑道沿いに佇むガラス張りの小さな工房 「Atelier(読み:アトリエ)」 は、週末のみ営業するスクープショップを併設しており、営業時は普段見ることができない職人がアイスクリームを作る工程を、眺めながら、食べながら、楽しんでいただけます。
オンラインショップでは、自分へのちょっとしたご褒美やギフトに最適なミニカップの詰め合わせBOXや、シェアして食べる楽しさを毎月お届けするパイントカップ(473ml)2種の詰め合わせサブスクリプションサービス「Pint Club(読み:パイントクラブ)」などを展開し、自由が丘の工房から全国へお届けします。

販売商品:
イートイン:シングル495円、ダブル605円、トリプル715円
※すべて税込価格

山ノチーズ

つながりを紡ぐ北海道素材のサスティナブルなチーズスイーツブランド
はるか昔、アラビアの商人が羊の胃袋でできた水筒に乳を入れて旅をしていたところ、偶然にもその乳からできていた塊を発見したのがチーズの始まりだそうです。
チーズは長い長い旅をして世界中に伝わり、その国や風土にあわせて個性豊かに発展してきました。
いつでもどこでも行ける時代に、突如どこにも自由に行き来できなくなりました。
そんな時に人のつながり、人の先にある豊かな日本の自然がもたらす素材の魅力、その素材を育てられる方々への感謝を再認識するきっかけとなり、山ノチーズはそんな思いを込めて作りました。
自然の恵みと人々の知恵によって進化してきたチーズを北海道の素材との組み合わせで楽しめるチーズスイーツです。

【生チョコとチーズ】
8個入:2,160円(本体価格2,000円)※冬季限定

ベイクドチーズケーキと生チョコレートが重なり奏でる新食感チョコレート。
凝縮したミルクのようなおいしさが詰まったベイクドチーズケーキはクリームチーズをベースにコクのある北海道産のゴーダチーズをプラスし、よりまろやかな味わいになるようバターミルクパウダーも加えました。

ベイクドチーズケーキに重ねたのは生チョコレート。インドネシア産カカオにこだわる京都のショコラティエ「dari K」の2種類のチョコレートを使用しました。ピュアなカカオの風味を感じるホワイトチョコレートと王道のミルクチョコレートがチーズの風味を爽やかに引き立てます。

□SHIRO - ホワイトチョコレート
華やかな酸味と味わいの八朔ジャムがアクセントのホワイトチョコレート
■KURO - ミルクチョコレート
優しいカカオの香りが口の中に広がりほどける、カカオ分50%の本格派の王道ミルクチョコレート

【山ノチーズパイ】
2個入:540円(本体価格500円)
4個入:1,188円(本体価格1,100円)
8個入:2,160円(本体価格2,000円)

広大な北海道の大地で育まれた素材にこだわって作ったチーズパイ。
512層に折り込まれたパイ生地に北海道十勝産のパルメザンチーズパウダーをひと振りして焼き上げました。
チーズの香るパイ生地の中央にはバターを作る過程で生まれる副産物であるバターミルクパウダーとチェダーチーズパウダーを加えたチーズクリームを乗せました。
ひとくち頬張ると、サクサクしたパイ生地とミルクのうまみを感じる優しいチーズクリームが口の中で広がります。