お茶の伊藤園は千葉県木更津市の地域活性を応援します。Jリーグを目指すローヴァーズをサポート。

お茶の伊藤園は千葉県木更津市の地域活性を応援します。Jリーグを目指すローヴァーズをサポート。

株式会社伊藤園(以下:伊藤園)は、ローヴァーズ株式会社(代表:カレン・ロバート 本社:千葉県木更津市)が新規運営する施設「ローヴァーズドリームフィールド」で、伊藤園の飲料製品の提供の他、茶殻リサイクル製品の導入を通じて木更津市の地域活性をサポートします。


2020年10月に運営開始する「ローヴァーズドリームフィールド」は、ローヴァーズのビジョン「人と地域をスポーツで繋ぐ」を具現化した廃校を活用した総合スポーツ施設です。この施設は、少子化に伴い廃校になった施設を生まれ変わらせ、県内外から多くの方を呼び込み、交流人口の増加や移住・定住の促進を目指し、木更津市の活性化を目的としています。


0701


伊藤園では、全国に約200の拠点を有し地域に密着した営業活動を行いながら、地方行政と災害時における飲料提供などの包括協定を締結するなど、積極的な地域貢献活動に取り組んでいます。今回、ローヴァーズが目指すスポーツを通した地域の活性化と、当社の地域貢献への想いが合致し、当社製品等を提供することでローヴァーズの取り組みをサポートします。


サポートとしては、汗をかくスポーツ時の水分やミネラル補給ができることが支持され、多くのアスリートにも愛飲されている国内麦茶飲料No.1製品(※1)「健康ミネラルむぎ茶」を提供します。また、伊藤園の主力製品「お~いお茶」などの日本茶飲料製品を製造する際に排出される茶殻をリサイクルする伊藤園の独自の「茶殻リサイクルシステム(※2)」を活用した茶殻リサイクル製品として伊藤園とミズノ株式会社が共同開発した製品「人工芝用充填材Field Chip『Greentea』(※3)」や伊藤園オリジナルの「茶殻ベンチ」を提供します。


0703


今回の取り組みは、施設を利用される地域の皆さまのスポーツを通した健康と地域活性化の実現を目指しています。今後も地域の方にご支持いただける取り組みを提案し、地域の発展を応援していきます。


(※1)伊藤園調べ 
(※2)「お~いお茶」をはじめとする日本茶飲料の販売拡大に伴い、製造過程で排出される茶殻の量も年々増加しています(2019年度の排出量は約63,200t)。そうした中、当社は2000年から茶殻などの飲料残渣を工業製品などに有効利用する研究開発を推進。畳や建材、樹脂製品、「お~いお茶」のペットボトル用段ボールなど、約100種類の茶殻リサイクル製品を開発しています。
(※3)Field Chip『Greentea』は、黒ゴムチップの充填材と比較して表面温度の上昇を最大7℃抑制するミズノ株式会社の製品です。


0703


【写真中】Field Chip『Greentea』を充填材として使用した、ロングパイル人工芝「MSCraft AG」の断面図
【写真右】茶殻を配合した樹脂で製造したベンチ

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP