持続可能な農家の育成に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」第5期募集開始

持続可能な農家の育成に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」第5期募集開始

2000人の会員が集う農コミュニティ「The CAMPus (ザ・キャンパス)」を運営する株式会社The CAMPus BASEは、「日本初の小さな農家の育成に特化した」短期集中で学べるオンライン講座「コンパクト農ライフ塾(以下コン農塾)」を主催。新規就農を目指す社会人や副業で農業を目指す人、さらなる事業成長を目指す既存農家などに向けて、新たな講師を迎えて2021年1月9日より第5期を開講します。


『コンパクト農ライフ』とは「小さい農的暮らし」と「小さい農的商い」をハイレベルに両立させ、省エネルギーでも心豊かな生き方を手に入れる新しい農家スタイルです。一般的に「手間の割には儲からない」と言われる農業界でも「格好良くて、楽しそうで、健康的で、儲かっている」農家がしっかりと存在しています。これらの農家に共通するのは、自分ブランドを確立して、自らの哲学を明確に持って生きていること。The CAMPus では、そんなプロ農家たちの考え方やノウハウを基に、これからの時代にマッチした新世代農ライファーの誕生に注力しています。コンパクト農ライフ塾では、厳選した農業界最高峰のプロフェッショナル9名を講師に迎え、小さくて持続可能な農家経営に必要な極意を学べる講座を展開しています。


第5期では、循環する暮らしをテーマにした【持続可能な農ライフ】講座を新設し、日本の環境に合ったパーマカルチャーを自ら実践しているソイルデザイン四井真治氏が登場。また農家直送で野菜を届けるECサイト「食べチョク」代表の秋元里奈氏による【革命的農流通論】、全国の農家さん漁師さんから直接食材を買えて、直接話せるオンライン市場「ポケットマルシェ」代表の高橋博之氏による【独自ファンコミュニティ形成】など魅力あふれる講座を行っていきます。週末だけの完全オンライン開催で時間的な負担が少なく、それでいて農業界ですでに成功を収めている様々な講師たちの授業を気軽に受けられることもあって、国内だけでなく海外からの参加者も多いのが特徴です。
更にコン農塾では、仲間同士のコミュニケーションを大切にしているので、毎期あたりの受講生を20名限定としています。これまで数十名がコン農塾を卒業し、中には既に農村に移住して新規就農者となってコンパクト農ライフをスタートさせた人たちもいます。そんな卒業生たちが集うコミュニティも活発で、毎週のようにイベントやサロンが行われています。コロナ禍が引き起こすパラダイムシフトは、世界中で持続可能な社会を目指す意識改革を加速させています。その1つのカタチとして「コンパクト農ライフ」という生き方が今後益々注目される事は間違いないでしょう。


募集要項


コンパクト農ライフ塾 オフィシャルweb site 第5期申し込み受付ページよりお申し込みください。


■開講日程:2021年1月9日~2月13日の毎週土曜日 (※第4、第5講座のみ日曜日)
■講座回数:全10回(1~2講座 × 6日間)
■定員:20名
■受講料:一般 178,000円(+税)
■申込〆切:2020年1月8日(金) 18:00 (※定員に達し次第〆切)
【講座内容】
■第1講座:未来型農業の入口
マイファーム/西辻 一真
■第2講座:超・新規 就農方法論
日本農業/大西 千晶
■第3講座:持続可能な農ライフ
ソイルデザイン/四井 真治
■第4講座:コンパクト農業  野菜編
風来/西田 栄喜
■第5講座:コンパクト農業  畜産編
しばちゃんランチマーケット/柴田 佳寛
■第6講座:コンパクト農業 果樹編
香月ワインズ/香月 克公
■第7講座:革命的 農ブランディング
ファームステッド/阿部 岳
■第8講座:革命亭農流通論
食べチョク/秋元 里奈
■第9講座:独自ファンコミュニティ形成
ポケットマルシェ/高橋 博之
■第10講座:プレゼンテーション大会


受講コース


スタンダードコース(コミュニケーションを重視した参加型コース)


<形式>オンライン受講(リアルタイム) ※zoomを使用。
<定員>20名
<受講料>一般:178,000円+税


ライトコース(自分のタイミングで聴講できるオンデマンド型コース )


<形式>アーカイブ視聴 ※講座終了後3日間


<定員>30名
<受講料>一般:98,000円+税
※10講座目は聴講なし。


61
講師陣

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP