帰省しなくても地域の味を。地元食材セットを「青森に住む人」から「青森を離れた人」げお届け!

帰省しなくても地域の味を。地元食材セットを「青森に住む人」から「青森を離れた人」げお届け!

2021.07.19

JA全農あおもりは、「青森に住む人」から「青森を離れている人」へ青森県の農産物を詰めた“食卓”を贈ることができるプレゼント企画「とどけ、おらほの食卓」を2020年12月17日(木)から開始しています。また同日に、青森の方言で書かれたメッセージ広告を東奥日報とデーリー東北から発信します。


61


「おらほの」は青森の方言で「私たちの」を指します。「とどけ、おらほの食卓」は、新型コロナウイルスの感染症対策のため、年末年始も「青森県へ帰省しない」という選択をした方と、会いたくても会えない気持ちを抱いている青森県在住の方を繋ぐ企画で、青森県在住の応募者から抽選で選ばれた100名が、県外に住んでいる大切な人へ青森県の農産物(食卓)を無償で贈ることができます。


2021年1月9日(土)から、青森県の旬の農産物が届き、地元の懐かしい“食卓”の味を遠く離れていても味わう機会を提供します。また、食材は青森県にゆかりのある方しか読むことができない、方言で書かれたボックスで届き、食材以外にもレシピシートや受け取る方への届けたいメッセージが同封されるなど、一層青森を感じられる仕掛けとなっています。JA全農あおもりは、新型コロナウイルスが緩和した時に、本物の食卓の味を「青森に住む人」と楽しんでもらえることを願っています。


新聞広告掲載内容


62


掲載日:2020年12月17日(木)
掲載先:東奥日報│デーリー東北 各15段
新聞に記載されているハガキからの応募も可能。


JA全農あおもり 担当者コメント



お盆期間中は、家族や友人への感染を避けるため、また近隣住民の心情を鑑み、帰省を控える状況が見られました。例年であれば年越し・正月を家族や友人など、大切な人と過ごすため県外から帰省する人が多く見られますが、今年はお盆期間中と同様に帰省を避ける動きが見られるのではないかと考えています。

そのような中、故郷を想う人、故郷から離れている人を想う人、そのそれぞれの人たちの想いを、食を通じてつなぐ架け橋になれればと思い、今回「とどけ、おらほの食卓」を企画しました。贈る食材は青森県ではごくごく普通の食材ばかりですが、今はその「普通」がとても難しい状況にあります。受け取る食材を通じて、少しでもいつもの青森を感じていただければと思います。

故郷や大切な人を想えば想うほど、帰省や面会を自粛せざるを得ない人たちも多いかと思います。たとえ離れていたとしても、青森県産の食材を贈る・受け取ることを通じて、「食卓」といういつもの日常を、少しでも感じていただければ幸いです。
 



「とどけ、おらほの食卓」ボックスデザイン


食材を発送するボックスには、青森の方言(津軽弁と南部弁)で書かれたメッセージの印刷がされており、レシピシートや受け取る方への届けたいメッセージも同梱します。


63


「とどけ、おらほの食卓」内容


64


1.青森米「青天の霹靂」
2.ながいも
3.にんにく
4.ごぼう
5.りんご(サンふじ)


※全て青森県産の食材です。


キャンペーンWebサイト


企画趣旨とキャンペーンの応募期間やプレゼント内容、注意事項など、本企画に関する詳細情報を掲載。今回提供する食材の発送内容をはじめ、各食材に関する詳細情報を紹介しています。応募フォームに必要事項を記載し、キャンペーンに応募することができます。


キャンペーン特設サイト
https://todoke-orahonosyokutaku-ja.com/


キャンペーン応募方法


■応募資格:青森県在住の方限定


■当選数:抽選で合計100名様


①【ハガキの方】新聞に記載されている事務局宛のハガキを用意
 【WEBの方】新聞に記載されている特設サイトへアクセス


②ハガキまたはサイトの応募フォームに各種情報を入力し送付


③事務局より配送/“青森の食材セット”が届け先に到着