「オンライン日本酒市」第二弾を開催〜全国各地の酒蔵の日本酒を飲んで応援する機会を提供〜

「オンライン日本酒市」第二弾を開催〜全国各地の酒蔵の日本酒を飲んで応援する機会を提供〜

国内最大級の日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES(サケタイムズ)」を運営する株式会社Clear(以下:Clear)は、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケ(以下:マクアケ)と共同で、2020年5月以来、二回目の開催となる、全国各地の日本酒をオンライン上で応援購入できる「飲んで酒蔵を応援しよう!全国から集結!オンライン日本酒市vol.2(以下、オンライン日本酒市)」を2021年2月2日(火)より「Makuake」内で開催します。


61


取り組みの背景


新型コロナウイルス感染症による影響で緊急事態宣言が発令された中で、ますます厳しい状況が続く酒蔵・酒販店を支援するために、「Makuake」と共同で「オンライン日本酒市」第二弾を急遽開催することとなりました。外出自粛が続き家飲み文化が定着している昨今、「オンライン日本酒市」を通して、おいしい日本酒で家飲みをもっと楽しんでもらう機会をサポーターへ提供します。また、2020年5月に実施された第一回の「オンライン日本酒市」では40蔵以上の酒蔵が参加し、9,000人以上のサポーターが応援購入を通じて本企画に参加。累計約9,000万円の応援購入総額を集め大盛況となりました。


取り組みの概要


「Makuake」のサイト上に「オンライン日本酒市」第二弾の特設ページを開設し、各酒蔵・酒販店が実施する日本酒のプロジェクトをまとめて掲載します。参加する酒蔵や酒販店は、「Makuake」のプロジェクトページを通してプロジェクトを実施する背景、酒造りへのこだわりや製品の特徴、おすすめの飲み方などを自らの言葉で伝え、サポーターを募ります。サポーターは、造り手の想いや酒造りの背景を知った上で、応援の気持ちを込めて欲しい製品を買う“応援購入”をすることで、プロジェクト実行者である酒蔵・酒販店の挑戦をサポートします。


なお、実施条件(※1)を満たす場合、参加する酒蔵・酒販店はマクアケのプラットフォーム利用手数料を5%引きでプロジェクト掲載が可能となることに加え、「SAKETIMES」での酒蔵や製品の紹介記事の掲載が可能となります。参加酒蔵・酒販店のコロナ禍におけるPRサポートもマクアケおよび「SAKETIMES」でおこなうことにより、日本酒好きの方々へ情報が届くよう支援し、実行者の応援購入金額の最大化を目指します。

2021年2月2日(火)より、応募のあった酒蔵のプロジェクトの掲載を開始し、その後も随時公開していきます。また、本日から2021年2月7日(日)まで新たに参加を希望する酒蔵・酒販店を募集し、2021年2月2日(火)よりオープンする「オンライン日本酒市」に、プロジェクトを随時公開していきます。


さらに、今回「オンライン日本酒市」に参加する酒蔵や酒販店の方々と出品する日本酒についてお話しするオンラインイベントを2021年2月25日(木)19時30分より「Makuake」と共同で開催予定です。詳細は後日、「Makuake」のPeatixページ上にてお知らせします。飲食店の営業時間短縮や不要不急の外出自粛が長期化する中でも、自宅にいながら全国の造り手の想いを知り、地元でしか流通しない希少な日本酒や、ユニークな造り方の日本酒などを応援購入できる場を提供します。


(※1)実施条件:2021年2月7日(日)までにお申し込みの上、2021年3月31日(水)までに「Makuake」上でプロジェクトを公開。状況を見ながら、今後変更になる可能性もあります。


「飲んで酒蔵を応援しよう!全国から集結!オンライン日本酒市vol.2」開催概要


開催期間:2021年2月2日(火)〜3月31日(水) ※状況により延長の可能性有


開催場所:「Makuake」内特設ページ(公開予定:2021年2月2日(火)14時)


参加酒蔵募集日程:2021年1月15日(金) 〜2021年2月7日(日)まで


参加申し込み方法:「Makuake」サイト上の「プロジェクトを掲載する」より、「オンライン日本酒市申込希望」と明記のうえお申込みください。


ご参加いただくには、2021年2月7日(日)までにお申し込みの上、2021年3月末までに「Makuake」上でプロジェクトを公開いただく必要があります。


状況に応じて、スケジュールは今後変更になる可能性もあります。


「『オンライン日本酒市 vol.2』特別トークイベント〜飲んで酒蔵を応援しよう!〜」開催概要


開催日時:2021年2月25日(木)19時30分〜21時
開催場所:オンライン


SAKETIMES編集長 小池潤氏のコメント


62



新型コロナウィルス感染症の影響で、日本酒産業は大きな被害を受けています。
各月の売上が前年比の半分以下にまで落ち込んでしまった酒販店や、今シーズンの大幅な減産を決めた酒蔵もあり、そのダメージは決して軽微なものではありません。
そんな中、昨年春に初めて開催した「オンライン日本酒市」では、たくさんの日本酒ファンの方々にご協力いただき、酒蔵・酒販店を支援することができました。しかし、まだ充分ではありません。緊急事態宣言が再び発令され、ひきつづき、日本酒産業にとって厳しい状況が続いています。

日本酒が歩んできた長い歴史の中で、今回のような逆境は何度もあったでしょう。それでも日本酒は、人々に喜びや安らぎ、そして感動を与え続けてきました。このコロナ禍の中でも、オンラインツールを活用した消費者とのコミュニケーションなど、新しい取り組みに挑戦し、この状況を何とか打破しようとする動きも見えてきました。
日本酒が数々のピンチを乗り越えてきた背景には、造り手や売り手の尽力だけでなく、日本酒を愛する飲み手の応援も間違いなくあったことでしょう。今回の苦難に対しても、日本酒ファンの力が必要です。
日本酒は人々の生活を豊かにしてくれます。「オンライン日本酒市」を通して、日々の暮らしにあたたかく寄り添うこの日本酒の未来を守りたい。私たちはそう考えています。また、全国各地の魅力的な日本酒と出会う体験が、日本酒ファンの方々に、喜びや安らぎ、そして感動をもたらすものになれば幸いです。
みんなで、日本酒を応援しましょう


編集部ピックアップEDITER’S PICK UP