えたじまブランド認定品3品が受賞・認定。江田島の“おいしい!”を食べよう

えたじまブランド認定品3品が受賞・認定。江田島の“おいしい!”を食べよう

第1回「食べるJAPAN 美味アワード」にて、えたじまブランド認定品3品が受賞・認定されました。この3品は、江田島市地域ブランド推進協議会が運営する、市の特産品で特に優れたものをブランドとして認定し、全国に向けてPRする制度『えたじまブランド』に認定されている商品です。


えたじまブランド認定品が高評価


12
特別賞を受賞した『かきすき』
12
寺本水産代表・寺本龍二さん

地域に眠っている、国産の未来につなげたい「美味しい」を発掘!本物を知る日本の一流シェフ集団が「美味しさ」を基準に公平な審査を行い、各種基準を満たしたものを認定・褒賞するプロジェクト「食べるJAPAN 美味アワード」にて、江田島市生産者から3品が受賞・認定されました。美味アワードは、味や品質だけではなく、地域要素の活かし方や工程における環境面への配慮といったSDGsの要素も審査基準として重視したもので、服部幸應審査委員長(服部栄養専門学校 校長)、片岡護さん(一般社団法人ChefooDo会長)をはじめ、日本の一流シェフを中心とした15名の審査委員が、全国各地からノミネートされた142品を審査したものです。


受賞したのは、有限会社寺本水産(江田島市沖美町美能)の商品『かきすき』。「良い品質を保つ為の手間と時間を惜しまない」をモットーに、先祖代々牡蠣の育成・生産をされている寺本水産の『かきすき』が、未来へつなげたい逸品として特別賞を受賞しました。その他にも、一流シェフたちの厳しい審査をクリアし、2品が認定。また、アワードにて受賞・認定された3品全てには、市がブランド化に取り組み、国際品評会でも高評価を得ているオリーブオイルが使用されており、まさに江田島の“おいしい”が詰まった、自慢の逸品となっています。オリーブファクトリ―では3商品とも購入可能です!


■特別賞


・有限会社寺本水産(沖美町美能)『かきすき』


■認定


・有限会社寺本水産(沖美町美能)『海の子』


・Shirasuya e’s(能美町中町)『KAKIJAN』


(以下のWEBサイトから商品を購入できます)


「えたじまブランド」とは?今年は3年に一度の審査会も


平成27年から始まった「えたじまブランド」は、江田島市の特産品で特に優れたものをブランドとして認定し、全国に向けてPRする制度です。知名度を高め、その消費拡大を図るとともに江田島市のイメージ向上や地域経済の活性化、誘客の促進などを目指しています。行政と関係団体、有職者を交えた『江田島市地域ブランド推進協議会』で方向性を慎重に審議し、有職者による審査会で選ばれたものが、えたじまブランド認定品となります。これまで第1回・2回と3年に一度行われてきた審査会は、今年が開催予定年です。


15
美味アワードで認定された2品も「えたじまブランド」商品

新型コロナウイルス感染症の影響で、販路が大きく変わり、また、人が求めるものも変わってしまったことから、市内の事業者全体の売り上げも大幅に売り上げが減少し大きな打撃を受けました。新たな事業者育成や新商品の開発が必要となっている今だからこそ、えたじまブランド認定品は大きな価値があるものだと考えています。えたじまブランド事務局は「厳しい状況の中、売り上げ回復や新たな顧客層獲得を目指し、ピンチをチャンスに変えられるよう商工会が主体となって事業者の皆さんをバックアップしていきたいです」と話しておられます。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP