マンガ家約30人が暮らす拠点「トキワソウ団地」をオープン

マンガ家約30人が暮らす拠点「トキワソウ団地」をオープン

120人以上のプロマンガ家を輩出してきた「トキワ荘プロジェクト」を運営する特定非営利活動法人NEWVERYは、マンガ家・マンガ家志望者向けの住まいであり、育成プロジェクトの新たな拠点となる「多摩トキワソウ団地」(東京都日野市)を2021年6月1日にグランドオープンしました。多摩トキワソウ団地は、一流のプロクリエイターを目指すマンガ家・マンガ家志望者を対象に、29室を設けた団地型のシェアハウスです。マンガ家・マンガ家志望者に限定した住まいとしては、日本最大規模となります(2021年5月当会調べ、学生寮を除く)。NEWVERYが手がける企業向けのマンガ制作事業「Graphium Studios」(グラフィウム・スタジオ)の業務をハウス居住者に委託し、クリエイティブ制作活動を行うほか、マンガ家向けの研修教育活動を展開していくなど、職・住・学が一体となったトキワ荘プロジェクト最大の育成拠点として位置付けます。


81
建物外観
82
個室内部
83
ラウンジ・キッチン(共用部)

拠点オープンの背景


これまでNEWVERYでは、マンガ家・マンガ家志望者向けにシェアハウスを14棟(全80室)設置し、主に都心ターミナル駅から25キロ圏内に配置していました。これは、マンガ家志望者がプロマンガ家のアシスタント業務を行うときのアクセスの良さを考慮したものです。


しかしながら現在、新型コロナウイルス感染拡大により、マンガ制作業務がリモート中心に大きくシフトし、交通アクセス環境の重要性が低下しています。他方で、地方に居住する場合のように他のマンガ家志望者の少ない環境では、対面交流を通じた刺激やインプットの少なさが、能力形成の足かせになっているとの認識が深まっていました。


そこでNEWVERYでは、多数の居住者が集まることでコミュニケーションをより一層充実化でき、プロとしての成長を加速可能な環境にある本物件へ既存施設の移転・集約を図り、職・住・学一体での拠点とすることを決定しました。


なお、多摩トキワソウ団地の開設に伴い、トキワ荘プロジェクトの既存の住まいのうち7棟を閉鎖します。


82
個室内部
84
ユニット内共用部
85
ユニット玄関

サービス詳細


多摩トキワソウ団地は、独立行政法人都市再生機構が手がける団地再生事業「りえんと多摩平」(事業者:東電不動産株式会社、運営・管理:株式会社リビタ)内で提供されるサービスです。NEWVERYが、りえんと多摩平の一部区画を賃借し、マンガ家・マンガ家志望者にサービス提供を行います。


個室3室で1ユニットを構成し、ユニット内での交流がしやすい環境です。さらに他のユニットの居住者と共同で利用できるキッチン、ラウンジ、ワークスペースが用意されています。プライベート空間と集団での交流の場を両立させた住まいとなっています。


設備面では、個室内にデスク、ベッド、エアコン、冷蔵庫などを標準で装備し、ユニット内に共用のトイレ、洗面台を用意しています。共用部には調理設備、シャワーブース、ランドリーなどを用意しています。さらに居住者は、りえんと多摩平で契約しているシェア畑を利用することが可能です。


近隣には、日野市が事業主体となるインキュベーション施設があり、マンガ制作におけるビジネス課題を、他のビジネスパーソンとの交流を通じて解決していくことが可能です。


エリア一体で整備された「りえんと多摩平」における高い居住性の下で、建物内外で交流を促す仕掛けがあり、能力形成に適した環境にあることが本物件選定の理由となりました。


今後、居住者専用のオンラインコミュニティと併用しながら、キャリア形成をより加速する仕掛けを進めていきます。


86
建物内 階段踊り場からの眺望
814
シャワーブース(共用部)
812
ランドリー(共用部)

多摩トキワソウ団地について


サービス名:多摩トキワソウ団地(たまときわそうだんち)
エリア:東京都日野市多摩平3-1-8 (りえんと多摩平 内)
アクセス:JR中央線 豊田駅 徒歩8分
構造:鉄筋コンクリート造4階建て
建築年月:1960年
リノベーション年月:2011年3月
提供居室数:29室(2021年6月1日現在)
対象者:マンガ分野のクリエイター又はその志望者
賃料:38,000円~42,000円
管理費:月額12,000円(水光熱費、インターネット利用料込み)
敷金:30,000円
入居金:50,000円

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP