芦屋ぷりんから、季節限定の「芦屋ぷりん

芦屋ぷりんから、季節限定の「芦屋ぷりん ジェラートモンブラン」発売開始

兵庫県芦屋市西山町の「芦屋ぷりん」は、7月2日(金)から、2021年3月にリニューアルした店内のみで提供する最高級和栗丹波栗をふんだんに使用した「芦屋ぷりん ジェラートモンブラン」の提供を開始します。


4月から販売していた人気の芦屋モンブランぷりんの夏季限定バージョンとして、特製プリンジェラートを丹波栗をふんだんに使用したモンブランに包みました。


「芦屋ぷりん ジェラートモンブラン」とは?


ペーストだけでも5粒の栗を使用。和栗の中でも大粒で有名な最高級和栗「丹波栗」を惜しみなく使用しています。


42
夏季限定の 「芦屋ぷりん ジェラートモンブラン」
43
特製のぷりんジェラートを楽しむモンブラン

〇丹波栗の渋皮煮・・・渋皮とは、栗の一番外側の硬い皮(鬼皮)を剥くと出てくる繊維状の皮のこと。。渋皮に包まれたまま煮込むので、口に入れた瞬間の栗の香りの風味の良さが特徴です。
〇丹波栗のペースト・・・モンブラン1個に約5粒の丹波栗を使用しています。余計なものを極力いれない純栗ペーストをふんだんに使用しています。
〇自家製カラメルソース・・・モンブランとプリンジェラートを絶妙なバランスでマッチングさせる程よい苦みのカラメルソース
〇特製プリンジェラート・・・芦屋モンブランぷりんに合わせるために開発した特製プリンジェラート。メレンゲ、ペーストと一緒に食べる事で味が完成する様甘さは控えめに調整しています。
〇メレンゲ・・・メレンゲのサクサクの食感がプリン・クランブル・栗のペーストと絶妙にマッチします。

販売価格 1,650円(税込1,815円) ※コーヒーor紅茶のセットドリンク付


リニューアルした店内イートインスペース


44


[江戸時代の家具上部にフォトスポットも設置]


45


「店内でゆっくりとスイーツを楽しみたい」というご要望に応えし、店内のくつろぎスペースもリニューアル。本社のある篠山市では江戸時代に建築された旧西京街道筋にある商家を店舗で利用しており、そこに眠っていた江戸時代に作られた家具も設置。閑静な住宅街にゆったりとした時間が流れるスペースでスイーツを楽しめるスペースとなっています。


地元産の素材にこだわり芦屋ぷりん


本社を兵庫県篠山市に構える私たちは、できる限り生産者の顔が見える地元産の素材にこだわります。地元素材の一部をご紹介します。
・牛乳:兵庫県丹波市の「丹波乳業」さんの低温殺菌牛乳
・卵:兵庫県丹波市「カンナンファーム」さんの非遺伝子組み換え飼料鶏の卵
・黒豆:兵庫県丹波篠山市産「丹波黒」など


2021年3月のリニューアルオープンには多数のお客様が朝早くから来店いただきました。


リニューアルオープン時の行列風景



46
 
グランシェフ 藤岡敏夫氏の紹介


47
グランシェフ 藤岡敏夫 氏

27才にて神戸住吉にスイーツショップをオープン以来一貫して守り続けた美味しいだけではなく身体に優しいモノ作り。今では聞きなれた無添加やオーガニック、国産などという言葉ですが今から25年以上前に無添加や国産小麦、国産粗製糖などでのお菓子作り実践。その後、独学で料理の店をオープンし野菜の魅力にのめり込みオーガニックや無農薬無化学肥料の野菜、無添加で昔ながらの製法で作られた調味料を使った里山旬菜料理ささらいを運営。


芦屋ぷりんの5つのこだわり


1.無添加であること


添加物は基より香料までも一切使いません。食品である以上は、「美味しい」の前に「安心して食べられること」が不可欠な要素だと考えています。4つのシンプルな素材から成る芦屋ぷりん。
おかみ・ノンホモ低温殺菌牛乳
・非遺伝子組換え飼料鶏の卵
・無添加生クリーム
・オーガニック粗製糖
シンプルだからこそ本当に美味しい素材でなければ 美味しいプリンにはなりません。添加物を否定する訳ではありません。しかし、その陰で犠牲にして来た物もたくさん有ったはずです。芦屋ぷりん とあっせは、手間を惜しまず時間をかけて一つ一つ丁寧に職人の手で作り上げます。


2.時代や環境にゆるがない信念


めまぐるしく変わって行く世の中、インターネットで商品を購入することが当たり前になりました。しかし、そこで取り引きされる「品物」はいつの時代も変わりません。生産者の汗と努力の結晶を私たちが「卓越した技術力と最高の隠し味」で形にし、誠心誠意お客様に対応しています。いつの時代も「変わらなければいけない物」と決して「変わってはいけない信念」が有ると考えています。


3.偽りのない確かな素材であること


すべてに使用する素材が無添加で作られた誠実な食品でなければなりません。「素材の味が活きた美味しいプリン」を作る為には当然ながら素材の持ち味が決め手。牛乳、生クリーム、卵は生き物の恵みです。質より量が優先される現代において「当たり前のこと」が一番難しいのかもしれません。芦屋ぷりん とあっせでは出来る限り生産現場に出向き、生産現場の方々に直接話を聞き、自分達の目で確かめています。


4.卓越した技術と正直な心。心揺さぶられる感動を


いい素材が集まればそれで良いわけでは有りません。生命を育むことで出来上がる素材は季節ごと、 もっと言えば毎日状態が違います。同じレシピで同じように作っていては、心が揺さぶられる様な感動を伝えるプリンを創ることはできません。誰しも経験がある事と思いますが、「母の手料理は美味しい」心のこもった「お袋の味」です。ではなぜ、プロでもなく、何処ででも手に入る素材でプロの道具も使わずに美味しい料理を作る事が出来るのでしょうか?それは「大切な家族のために」「愛する人のために」と思う最高の隠し味が有るからです。「大切な家族のために」「愛する人のために」という気持ちを忘れることなく持ち続け、プリン一つ一つを大切に思い、食べて下さる方々の笑顔を思い浮かべる。それこそが「最高の隠し味」だと信じています。


5.芦屋人に認められた価値と約束


素材は基より製法やパッケージに至るまで妥協は一切許しません。だからこそ、食べた人々に感動を与え幸せに出来ると考えます。驚きの美味しさが感動を呼び、やがて笑顔で満たされる。これこそが「芦屋ぷりん」の使命なのです。芦屋ぷりんを食べた多くの方々がリピーターになって下さるのは「大きな感動と、あふれる笑顔」が有るからです。上質を知り尽くした芦屋人(あしやびと)に鍛え育てられ、認められた「芦屋品質」それが、 芦屋ぷりんなのです。

プリンはどの洋菓子店でも販売しています。作り方もシンプルで誰でも作ることはできます。ただ、シンプルだからこそ本当に美味しい素材でなければ美味しいプリンにはなりません。「芦屋ぷりん」では出来る限り生産現場に出向き、生産現場の方々に直接話を聞き、自分達の目で確かめています。だから「少しでも安心して食べられる物を、美味しい物を作りたい」という誠実な生産者の方々のお陰で、美味しいプリンを提供できています。驚きの美味しさが感動を呼び、やがて笑顔で満たされる。これこそが「芦屋ぷりん」の使命と考えます。


店舗概要


店名:芦屋ぷりん
住所:〒659-0083 兵庫県芦屋市西山町7−4
営業時間:10:00~18:00(定休日:毎週火・水曜日)

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP