MENU

プロジェクト

「酒樽サウナ」で地域を元気にする『宍粟印』の挑戦。~100DIVEのローカルビジネス事例~

  • URLをコピーしました!

ローカルで持続可能な事業をつくるプロジェクトで、プラットフォームでもある「100DIVE」。今回は「100DIVE」から誕生し、宍粟市公認の事業として採択されることを目指しているローカルベンチャー企業『宍粟印』のユニークな挑戦について話を聞きました。

話をしてくれた人:宍粟印プロデューサー・樋口将太さん(TOP写真左)
兵庫県出身。金融機関での勤務を経て、現在はコンサルティングファームに勤務、M&Aや組織再編、事業再生等の案件に関与。地方に関わりたい想いから、兵庫県宍粟市を対象とした「100DIVEプロジェクト」に参画「100DIVE」を通じて出会ったメンバーと共に、2022年10月株式会社『宍粟印』を設立。日本酒発祥の地×森林王国宍粟を基とした「酒樽サウナ」の企画に携わる。

目次

『宍粟印』が挑むのは「宍粟産ヒノキ×日本酒発祥の地」をコラボさせた「酒樽サウナ」ビジネス

『宍粟印』は兵庫県中西部に位置する宍粟(しそう)市にあります。ローカルプロジェクト「100DIVE」から生まれたベンチャー企業です。

意思のある人が集まり、日本各地で持続可能な事業をつくる「100DIVE」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

関連記事

  • 日本オムニチャネル協会
  • NFT、DAOにメタバース。“ソトコト的” Web3.0な取り組みと展望を紹介

ソトコト最新号

2023年11月号

【特集】続・道の駅入門

【特集】続・道の駅入門

購入はこちら