釣れない釣り人のある一日

釣れない釣り人のある一日

都市の公園の池で、釣れない釣り人(ぼく)が、がんばって糸を垂らしている。


でも、エサを替え、タナを変えてもいっこうに釣れない。


ひやかしの観客たち(息子と朔)も、さすがに飽きて午睡しだした。


息子と朔

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP