激ウマ酸辣湯麺がおすすめ「四川料理

激ウマ酸辣湯麺がおすすめ「四川料理 駱駝」【京都ローカルラーメン】

2021.12.01

場所は京都。若者が集う京都芸術大学(旧 京都造形芸術大学)の近くに、ぜひ紹介したいラーメンがある。正確には「ラーメン店」ではなく「四川料理店」でいただけるラーメンなのだが、これがもう絶品。たまらぬ旨さ。ぜひこの思いを、読者のみなさんにお届けしたいと思い、全身全霊の気持ちを筆にしたためていく。

京都芸術大学から徒歩140メートル「四川料理 駱駝(らくだ)」


京都で知らない人はいないくらい、おいしい四川料理が味わえる有名店だ。
ご主人は、横浜の中華街で修行をされていたそうで、その後、本格的な四川調理法で編み出す「四川料理 駱駝」をオープン。お店を開いてから26年を迎えてもなお、地元の方から観光客まで、多くの人に愛されている。
ランチ時や週末には、その味を求めて多くの人々が訪れる。

胡椒が効いた醤油ベースの酸辣湯麺

酸っぱ辛いスープが特徴の「酸辣湯麺」お店によってラー油が効いたピリ辛のものや、トロトロのあんかけがおいしい少し甘いものなど、お店によって独自の進化を遂げているものも多い印象だ。

ここ「四川料理 駱駝」でいただける酸辣湯麺も、そのひとつ。今まで食べたことのないタイプだ。見た目は、ベーシックな酸辣湯麺。しかし、口に入れた瞬間に感じるのは、ピリ辛でも甘みでもなく、醤油ベースでコクのあるスープなのだ。

「ナニコレ!これ、サンラータンメンなの!?」

思わず口にしてしまいそうな勢いで、そのおいしさに箸が止められない。醤油ベースではあるが、胡椒がしっかりと効いたトロトロのスープに、ふわふわとした卵が優しさを引き出している。椎茸は、噛んだ瞬間にあふれ出る旨み…。薬味のネギは、胡椒がしっかりと効いた醤油ベースのスープによく似合う。ふむふむ、ネギと一緒にいただくと、酸辣湯麺がさらに引き締まるのか。

夢中になって食べ進めているうちに、あっという間に完食。
また来ようと心に誓うのだ。ごちそうさまでした!

残念なことに、こちらの酸辣湯麺をいただけるのは、ここ「四川料理 駱駝」しかない。
だからこそ、京都を訪れ際にはぜひ足を運んで味わってみて欲しい一品だ。

ちなみに合わせて私が好きなのは、山椒の味がピリッと効いた「麻婆豆腐」。ご飯と一緒に頬張れば、麻婆豆腐の辛味が緩和され、クセになる山椒の香りがたまらない。
こちらも是非味わって欲しい。

文:写真
むなげちゃん


◆四川料理 駱駝
京都市左京区北白川瀬ノ内町27-4