静岡県のおいしいローカル&ソウルフード「さわやか」の「げんこつハンバーグ」

静岡県のおいしいローカル&ソウルフード「さわやか」の「げんこつハンバーグ」

2022.04.08

静岡のソウルフードと言えば、静岡市周辺の「黒おでん」や浜松の「うなぎ」が有名ですが、静岡県内でしか食べられないソウルフードと言えば「さわやか」の「げんこつハンバーグ」。ご存じない方は、これを機にチェックしてみてください。

さわやかとは? 静岡県内にチェーン展開する人気ハンバーグレストラン

「さわやか」は、静岡県袋井市に本社を置くハンバーグ&ステーキのレストランチェーン。店舗は静岡県内に34あります。

お店はいわゆる「ファミリーレストラン」のスタイルですが、「いいことがあった日はさわやか」「つらいときはさわやか」「とりあえずさわやか」など、特別な日もそうでない日も、タイミングを問わず静岡県民に利用されています。

最近はメディアでも特集される機会も多く、全国区的人気を誇っています。

一番人気のメニューは「げんこつハンバーグ」

鉄板にデザインされた牛に見つめられながら…(笑)。

「さわやか」いちばん人気のメニューといえば、やはり「げんこつハンバーグ」。味付けは「オニオンソース」が人気で、注文した人の7~8割の人が注文。ほかにも「デミグラスソース」があり、なかにはソースはかけず、塩で味わうツウもいるそうです。

げんこつハンバーグの量は250gで、200gの「おにぎりハンバーグ」もあります。こちらは「おにぎりサイズ」という意味で「お米のハンバーグ」ではないので心配無用。

焼きシバかれておいしくなる、さわやかの「げんこつハンバーグ」

げんこつハンバーグのほか、カレーも注文してみた。

こちらが今回注文した「げんこつハンバーグ」「オニオンソース」。ハンバーグが2つあるように見えますが、これはげんこつ大のまん丸ハンバーグをお店のスタッフさんが2つに切り分けてくれた後の姿。

切り分けるシーンは、かんたんに言うと「肉がギュウギュウにシバかれている」感じで、肉をシバき上げる店員さんの所作は見もの。慣れた手つきで肉をジュージュー言わせると、ハンバーグのいい香りが立ち昇ります。

焼き加減は、ハンバーグにしては珍しく赤い部分を残した「レア」な感じですが、「大腸菌ゼロを確認」「殺菌工程でブロック肉の表面全体を加熱殺菌」など、徹底した衛生管理に基づいているので大丈夫。赤い部分が残っているのも、このハンバーグがおいしい理由のひとつです。※どうしても気になる人は、鉄板で焼いて加減を調節しましょう。

2時間待っても食べたいさわやか。朝イチ配布の整理券が便利

全国区的な人気を誇るさわやかは、その待ち時間の長さも有名。土日祝は2時間待ちすることも少なくありません。HPから、今は何時間待ちなのか確認することができるので、来店する際は要チェックです。

さわやかのHPから、各店舗の混雑状況が確認できる。(引用:さわやかHP)

県外から旅行で来ている方は、開店前に整理券を配布しているので、朝イチで整理券を取って、開店後の指定時間に再訪すると並ばず入店できます。整理券の配布開始時間はHPの店舗情報ページで確認可能です。

各店舗の情報ページで、整理券配布開始時間の確認ができる(引用:さわやかHP)