昭和39年創業。濃厚な味噌ラーメン「さっぽろ純蓮」【北海道ローカルラーメン】

昭和39年創業。濃厚な味噌ラーメン「さっぽろ純蓮」【北海道ローカルラーメン】

2022.12.08

昭和39年、豊平区中の島で初代が創業。創業時は「純連(じゅんれん)」と書いて「すみれ」と読んでいました。 純連のラーメンは濃厚な味わいを追求し、当時としては斬新な味は、多くの人に衝撃を与えて札幌に定着しました。 そんな人気のラーメン店「純蓮」を紹介します。

北海道札幌市、豊平区、札幌の中心部から少し外れた場所にたたずむのが、創業58年の札幌ラーメンの老舗「純蓮」です。

昭和39年、豊平区中の島で創業し、当時は「純連(じゅんれん)」と書いて「すみれ」と読んでいました。

創業当時はさっぱりした味のラーメンが主流の中、純連のラーメンは独自の濃厚な味わいを追求し、純蓮の名を北海道内で轟かせました。

札幌味噌ラーメンの礎を築いた純蓮のラーメンに迫ります。

純蓮の外観

看板
入口の看板
現代的な外装
現代的な外装で、おしゃれな雰囲気。
道路から見える看板
道路から見える看板

純蓮の外観は「さっぽろ純蓮」とかかれた、大きな看板が目立ちます。

創業から、数回移転を繰り返し、平成6年8月、南区澄川から豊平区平岸の現在地に移転させました。

その後、店主の変更に伴い、より近代的かつ老舗の雰囲気をまとう現在の姿になっています。

58年続く老舗の濃厚な札幌味噌ラーメン

純蓮(じゅんれん)自慢のラーメンと、チャーハン
みそラーメン(900円)
チャーハン大盛(850円)

今回いただいたのは、「みそラーメン」と「チャーハン(大盛)」です。

濃厚なみそラーメン
北海道ならではの、冬でも体が温まるようラードでコーティングされた熱々な濃厚みそラーメン。

味噌の強い塩分と、その奥にある野菜の甘みと、しょうがの風味が口に広がる。

みそラーメンは、チャーシュー、ねぎ、もやし、メンマというシンプルなトッピング。

ラードが多めで、最後までアツアツのスープは、1口すすると、塩分が強めの濃厚な味噌の味が口いっぱいに広がります。

味噌の強い塩分とその奥にある野菜の甘みと、しょうがの風味が感じられ、濃厚な味ながらまた1口、また1口と飲みたくなるようなおいしいスープです。

また、麺は王道の中太ちぢれ麺で、ラードのおかげもあって、スープと麺がよく絡みます。

高いクオリティでまとまった、おいしいラーメンだと感じました。

醤油がきいた絶品炒飯(やきめし)

ラードたっぷりのチャーハン
ラードたっぷりのチャーハンで、大盛にすると中々のボリューム。

具材はシンプルにたまごとチャーシューとトッピングに紅しょうが。

ラーメン屋チャーハンの王道。

炒飯はラードがたっぷりと使われた、油多めのしっとり系チャーハンです。

具材はラーメンと同じく、シンプルに「チャーシュー」「たまご」「紅しょうが」の王道で構成されています。

味付けは、ラーメン屋チャーハンの王道というような醤油ベースで、個人的には味付けは濃く、かなり食べ応えのあるガッツリ系だと感じました。

写真は大盛ですが、そもそもの量が多くチャーシューもゴロゴロと入っているので、普通盛りでも、かなりボリュームがあります。

チャーハンはかなり油が強く感じられるため、人を選ぶかもしれませんが、筆者としてはかなり好みです。

ラーメンもチャーハンも完成度の高く、どちらも美味しくいただくことができました。

チャーハンを大盛にしたため、お腹も心も大満足でした。

札幌味噌ラーメンのスタンダードな味、そして老舗の味を探しているという方におすすめです。

少しでも気になった方は、ぜひ近くに寄った際に1度食べてみてください。
(あまり量を食べる自信がない方は、ラーメンと半チャーハンのセットもありますのでご安心を)

店舗情報
さっぽろ純連 (じゅんれん) 札幌店

住所:〒062-0932
北海道札幌市豊平区平岸二条17丁目1-41 シャトー純連 1F

電話番号:011-842-2844
営業時間: 11:00~21:00
定休日 : 月曜日
(営業時間・定休日は、変更となる場合があります)

文・写真:翌檜(あすなろ)
メニュー内容は取材時点の内容であり、後に変更となる可能性があります。