すするとホッと一息したくなるラーメン「麺屋BrotheR」【大阪ローカルラーメン】

すするとホッと一息したくなるラーメン「麺屋BrotheR」【大阪ローカルラーメン】

2022.06.27

ラーメンの製麺所の営業職まさです。 全国各地の多種多様なローカルラーメンを食すこと年間400杯。 ローカルラーメンの美味しさを探し求める方にご紹介したいラーメンをお届けします!

東大阪市の稲田本町、徳庵商店街の入口にお店を構えるラーメン店「麺屋BrotheR」をご紹介します。
徳庵商店街は、JR徳庵駅から南北に渡ってお店が連なっています。1895年徳庵駅が開業し、そこから発展共に飲食店が、小売店、雑貨店などが集まり今もなお地域に愛される徳庵商店街となっています。
「生きている商店街」というのが東大阪市の象徴としても掲げており、徳庵商店街その一つです。
ホームページ開設やSNSでの情報発信に力を入れており、今後も活気がある商店街にすべく地域全体が力を入れている場所となっております。

ひっそりと構えるお店

商店街の入り口には、開店されて7年、見守るかのようにラーメン店があります。車で来る方も心配無用。横には5台駐車出来るパーキングがあり、周りにも多々車を停める場所があります。お店前には、「梅ヶ枝製麺所 謹製」の木札が。スープはもちろん、麺にも期待していざ入店。

不動の看板メニュー

メニューはこのような感じです。一番人気は、濃混醤油らーめん(730円)。不動の看板メニューとのことで、迷わずこちらを選択。近年はラーメンも1000円超えが多々ある中で、730円という値段設定も嬉しいところです。

ランチタイムは、お得なセットメニューもあるとのこと。周りのお客さんを見る限り、Eセットメニューが人気のように思えます。鶏天がかなりのボリュームで250円はお得。次回の来店の際の予習をしとかないと。

10分ほどの到着。黒く澄んだスープと厚切りの青ネギ。見た目は、大阪のご当地ラーメン「高井田系」に似ている。煮卵と大判なチャーシュー2枚も入っており、これで730円はコスパ良いと確信します。
スープは豚骨と鶏ガラの動物系がベース、数種類の醤油を合わせ、少し多めの油分を加えているとのこと。
麺は、創業大正12年の梅ヶ枝製麺所の平打ちストレート麺。

ツルツルとした麺の喉越しが非常に良く、濃口ながら繊細なスープとのバランスは良いです。醤油のキレとスープの旨味が広がり、油分が全体を丸くし、飲み干せるラーメンとはこのことだと実感しました。青ネギのザクザクとした食感が心地よく、若干の辛味が加わることで、食欲がさらに増進し、完飲完食。美味しくて、思わずホッと一息つきたくなる気持ちになります。
大阪に来た際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

麺屋BrotheR
twitter:@BrotheR82592128
instagram:@daiki322018
住所:大阪府東大阪市稲田上町1丁目1−6
TEL:090-5246-0028
営業時間:火曜定休日
     11:00〜14:00. 18:00〜23:30