ラグビー味玉付きの懐かしい煮干ラーメン「二星らーめんららら」【大阪ローカルラーメン】

ラグビー味玉付きの懐かしい煮干ラーメン「二星らーめんららら」【大阪ローカルラーメン】

2023.01.07

ラーメンの製麺所の営業職まさです。 全国各地の多種多様なローカルラーメンを食すこと年間400杯。 ローカルラーメンの美味しさを探し求める方にご紹介したいラーメンをお届けします!

ラガーマンの聖地

大阪の東大阪市にあるラーメン店「二星らーめんららら」をご紹介します。
東大阪市といえば、ラグビーの街としても全国的に有名です。昭和4年に花園ラグビー運動場を竣工し、日本初のラグビー専用グラウンドが完成しました。そしてその3年後の1932年初となる国際試合を対カナダで行い、ラグビーの人気は瞬く間に日本中に広がりました。
また、12月末から1月にかけて、街中ではラガーマンを見ることが多々。それもそのはず、全国高等学校ラグビーフットボール大会が行われているからです。昭和38年の第42回大会から現在まで開催が行われおり、その時期はより一層街に活気が出ています。

一軒家のラーメン店

JR河内永和駅から、5分ほどの場所にお店があります。2015年2月に布施のポッポアベニューにオープン。2020年に布施駅から一駅隣のこの町で、リニューアルオープンをしました。
お店は15坪ほどで、可愛らしい見た目の一軒家。1階はカウンター8席、2階はテーブル席12席を設けており、1人以外にも家族で気軽に食べに来れるのも嬉しい点です。

移転オープン後は、自家製麺に変更したとのこと。
その時々によって、少し麺を変えるらしく、常連のお客さんも飽きのこない仕様になっている。
今回は、店主さんおすすめの味玉二星らーめん(1000円)を注文。口コミを見る限り、花園に因んで、ラグビー型ボール型の味玉が入っており、期待が膨らみますね。

店内は、アルコールスプレーや飛沫防止対策のアクリル板があり、感染対策はバッチリ。
味変の調味料も多く、食事後半の楽しみとして取っておきます。

到着

10分ほどで到着。まず目を引くのが、店名が書かれた味玉。なんとも可愛らしい見た目で、店内では写真を撮ってる方が多く、シャッター音が時より聞こえてきます。
大判のチャーシューとフワッと香る煮干しの風味が、食欲をそそりますね。
スープは、煮干しベースに鶏豚スープを合わせた優しい味わいに仕上げたとのこと。麺は、北海道産小麦を使用、ツルツルもちもち食感の若干の平打ち麺が特徴とのこと。

上品なスープは、喉を通るとジュワッと体に広がり、一息つきたくなる美味さです。細麺ながらもしっかりとコシがあり、存在感も抜群。噛むたびに国内産小麦独特の上品な甘さを感じることができ、自家製麺の凄さを実感できます。

地域がら、お子さんやお年寄りの方が多いですが、スープまで完飲する方も多々いるとのこと。老若男女問わず、胃もたれしないあっさりした味わいが人気を呼び、平日はもちろんですが、休日も並ぶことがあります。
大阪に立ち寄った際は、訪問してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

二星らーめんららら
twitter:@lalala9do
instagram:@nibosi_lalala
住所:大阪府東大阪市高井田元町2丁目9−14
TEL:06-6789-7622
営業時間:火曜定休日  11:30~15:00. 18:00~21:30

文・写真:まさ
*店舗情報・メニュー内容は取材時点の内容でございます。