ローカルのおいしいうどんが食べたい|宮崎うどん

ローカルのおいしいうどんが食べたい|宮崎うどん

ほっとするものが食べたい


いろいろな食べ物がある中で、食べたときに「ほっとする」食べ物というと何が思い浮かぶだろう。


これは人それぞれだと思うが、今回はほっとする食べ物の一つ、うどんだ。


宮崎でたべるみやざきうどん


今回は、宮崎市街地にあるきっちょううどんで食べたうどんだ。


宮崎うどん


宮崎には、のんだ後のシメにラーメンじゃなくうどんという文化があるそうで、深夜までやっているお店もある。


ここも深夜までやっているお店の一つだ。


いりこと昆布でとったお出しのゆつに、柔らか目の麺で、たしかにシメにも合いそうなうどんだ。


今回は天ぷらに天かすとネギをのせた。


天ぷらも、地域によって何を指すかが違うので面白い。海老天やかき揚げのような天麩羅のところもあれば、宇和島のじゃこ天のような天ぷらもある。


宮崎では天ぷらは後者を指すようだ。


出張最終日、宮崎を離れる前に食べたが、連日の会食に疲れた胃にとてもやさしい味でした。


 


午前中から深夜までうどん屋が開いてるとは、地域の食文化に根付いてる証拠だと思う。


今度は宮崎が発祥と言われる釜揚げうどんを食べに行きたい。