東京ローカルのおいしいラーメンがたべたい|排骨担々麺

東京ローカルのおいしいラーメンがたべたい|排骨担々麺

ローカルで進化するラーメン


ラーメンほどローカルごとで進化しているご飯はないだろう。


スタンダードな醤油、味噌、豚骨などから、各地域でどんどん細分化されて、そしてお店の工夫や発明があって、どんどん種類が増えている。


そして、どこに行っても安心して食べられるのもラーメンだ。


今日は複数の種類がある担々麺の店にした。


今日は排骨担々麺


今日は神田小川町にある「かつぎや」さんの担々麺。


排骨担々麺


トッピングとして排骨をハーフでつけてもらった。辛さも選べたので、中辛の3辛に。


ここの担々麺は、具が多い。もやしやひき肉がたっぷりのっている。


辛さもちょうどよく、テーブルの香辛料がいらないくらいの程よい辛さで、麺もそこそこのボリューム。


普段だとこれだけだが、これに排骨がのっている。一旦はスープの中に浸して、味がしみるのを待つ。


麺や具を混ぜて食べながら、頃合いをみて排骨も食べる。スープが少し染みていておいしい。


後半戦になると、レンゲも担々麺屋さんによくある穴空きレンゲを投入。スープに隠れた具をすくい出しながら食べる。


担々麺も、スープや具材に店ごとの違いがあっておもしろい。


ただ、味も濃いのでご飯も一緒に頼みたくなる。


次は別の種類の担々麺も頼んでみよう。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP