【発売】地元和歌山の魅力が詰まったバウムクーヘン

【発売】地元和歌山の魅力が詰まったバウムクーヘン 『ぱんだの手むきみかんバウム 近大みかん使用』

2022.04.22

アドベンチャーワールドは近畿大学附属湯浅農場が栽培する「近大みかん」を使用したバウムクーヘン『ぱんだの手むきみかんバウム 近大みかん使用』を2022年4月21日(木)より販売しています。

アドベンチャーワールドで販売しているバウムクーヘン

地元の大学との産学連携で生まれた和歌山ならではのバウムクーヘンです。(ソトコトオンライン編集部)

『ぱんだの手むきみかんバウム 近大みかん使用』について

みかんの産地で有名な和歌山県有田郡湯浅町に位置する近畿大学附属湯浅農場では、宮川早生・林温州という品種の「近大みかん」を栽培しています。

2021年11月15日〜12月18日まで近畿大学農学部農業生産科学科の3年生約30名が、みかんの色づきを一つひとつ確認しながら、はさみで丁寧に収穫しました。

商品の製造にあたり、「近大みかん」の加工は地元の就労支援事業所、おかし工房SAWAで行われました。果実を一つずつ丁寧に手剥きし、加圧低温濃縮をした果汁を贅沢に使用したバウムクーヘンは、「近大みかん」の爽やかな風味をお楽しみいただけます。
販売開始:2022年4月21日(木)
販売価格:1,400円(税込)
内 容 量 :1箱4個入り
販売店舗:アドベンチャーワールド内ギフトショップ AW店 /シンビオーシス店

販売開始:2022年4月21日(木)
販売価格:1,400円(税込)
内 容 量 :1箱4個入り
販売店舗:アドベンチャーワールド内ギフトショップ AW店 /シンビオーシス店

この情報のまとめ

・アドベンチャーワールドの中で販売
・近畿大学との産学連携
・和歌山産のみかんを使ったバウムクーヘン