京都の七味唐辛子専門店「おちゃのこさいさい」が、マスクケースのプレゼントキャンペーンを開始!

京都の七味唐辛子専門店「おちゃのこさいさい」が、マスクケースのプレゼントキャンペーンを開始!

京都の七味唐辛子専門店「おちゃのこさいさい」では、直営店舗(産寧坂本店・錦店・嵐山店・京都タワーサンド店・伏見稲荷店)を利用するお客様を対象に、2021年3月24日(水)より非売品の「マスクケース」プレゼントキャンペーンを開始しました。プレゼントするマスクケースは、マスク保管に便利な抗菌仕様。マイ七味も持ち歩けるポケット付きで、便利に使うことができます。


新しい生活様式に役立つオリジナルケース


七味唐辛子付きマスクケース


薄くて軽く、手の平サイズに折り畳めて持ち運びに便利なマスクケースは、一般的なマスク(男性用Lサイズ程度まで)がゆったり収納できる造り。“WITHコロナの新しい生活様式”の中で、外食時も安心してマスクが仮置きできる抗菌加工(SIAA認証)をマスクケースの表と裏に施しています。


中には使い切りタイプの七味・一味のセット


また、「七味の新しい外食様式」という京都の七味唐辛子専門店からの新提案として、中には使い切りタイプの七味と一味唐辛子が2袋収納できる切り込みポケットを用意。すぐさま快適に使え、「マイ七味」を持ち歩く楽しさを手軽に体験できるよう、自社商品の「ひとふり小分け袋(京の黒七味・京の柚子七味)」を入れた状態で配布しています。


縁起を担いだ、京都の七味唐辛子専門店ならではのデザインに注目


折り畳んだマスクケースの表には、「おちゃのこさいさい」の頭文字に唐辛子を隠して、「お!」と驚くような唐辛子製品の美味しさや楽しさを表現したブランドロゴが入っています。開いたマスクケースの中には、「コロナ退散!」の願いを込めて、免疫力アップも期待できる唐辛子と、京の守り神・鍾馗さんをあしらいました。


「鍾馗(しょうき)さん」とは?


京の古い町並みで見かける、屋根の上の鍾馗さん。鬼瓦のように家を守ってくれる魔除け・厄除けの神様として、昔ながらの京町家には瓦製の鍾馗さんが屋根の上に置かれています。


ケースの中にあしらわれた唐辛子と鐘馗さん。


通常その右手には、鬼などを追い払うための剣が握られていますが、京の瓦職人が手がけた「おちゃのこさいさい」の鍾馗さんは、同じく魔除け・厄除けの縁起物に使われる唐辛子を両手で抱えたお姿。意匠を凝らした産寧坂本店と伏見稲荷店では、大きな唐辛子を持った小さな鍾馗さんが、屋根の上からお客様と京の町を見守っています。


マスクケース プレゼントキャンペーンの概要



  • キャンペーン開始日 :2021年3月24日(水)

  • マスクケースのサイズ:W210×H120mm(折り畳み時W100×H120mm)

  • 対象店舗      :「おちゃのこさいさい」直営店舗(産寧坂本店・錦店・嵐山店・京都タワーサンド店・伏見稲荷店)

  • プレゼント条件   :対象店舗にて1,000円以上お買い上げで1会計につき、マスクケース1点をプレゼントいたします。


※プレゼントは数量限定のため、無くなり次第終了となります
※本プレスリリースの内容は、予告なく変更される場合がございます


「京都・産寧坂 おちゃのこさいさい」とは?


店舗外観


国産ハバネロを使った、激辛を超えた狂辛の一味・七味「舞妓はんひぃ~ひぃ~」でおなじみの京都の七味唐辛子専門店。産寧坂・錦市場・嵐山・伏見稲荷に店舗を置いています。様々な辛さと香りの一味・七味唐辛子を取りそろえ、観光で訪れるたくさんのお客様にご愛顧いただいております。


URL: http://www.ochanokosaisai.com/


 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP