夏の無病息災を願う伝統銘菓「水無月」。伝統行事「夏越の祓」にちなんだ京の生菓子で厄払いを。

夏の無病息災を願う伝統銘菓「水無月」。伝統行事「夏越の祓」にちなんだ京の生菓子で厄払いを。

和菓子製造販売の鶴屋吉信(つるやよしのぶ)(京都市上京区)は、伝統行事「夏越の祓(なごしのはらい)」にちなむ毎年恒例の生菓子「水無月(みなづき)」を6月10日(木)より本店限定にて先行販売を開始しました。その他のお取扱い店舗では6月29日(火)・30日(水)の2日間限定にて販売します。また、各店舗にて事前の予約も受け付けています。


81


氷室の氷を模したもっちり食感の外郎(ういろう)に、丹波大納言小豆の中でも特に希少で風味豊かな京都亀岡・馬路産「馬路大納言小豆」を敷き詰めた、鶴屋吉信の「水無月(みなづき)」。京都の夏に欠かせないこの生菓子を、今年も6月末の2日間限定で販売します(取扱店舗でご予約受付中)。また、これにさきがけ、京都本店限定にて先行販売を開始しました。無病息災への願いがいっそう高まる昨今、ぜひ鶴屋吉信の「水無月」を食べて、健やかな夏を過ごしましょう。


生菓子「水無月(みなづき)」商品情報


【価格】


1個 270円(本体250円) ※京都本店のみ
3個入 810円(本体750円)
5個入 1,350円(本体1,250円)


●特定原材料等28品目:小麦
●お日持ち:製造日より2日(できる限りお早めにお召し上がり下さい)


京都本店での販売期間


2021/6/10(木)〜30(水)  京都本店のみ先行販売を開始しています。


その他店舗での販売期間(生菓子お取扱い店舗)


2021/6/29~30
本店以外の店舗では2日間限定の取り扱いになります。


ご予約承りについて


本店ほか、生菓子お取扱店舗にてご予約承り中です。


涼やかな「氷割れ文様」の掛紙仕上げでお渡しします。


82


氷に入ったヒビを模した伝統文様「氷割れ(ひわれ)文様」をあしらった涼やかな掛紙。「水無月」の3個入/5個入はそれぞれ専用の箱に詰めて、この掛紙をかけてご用意します。


83


※百貨店ではこちらの3個入・5個入の箱入りのみお取扱いいたします。1個からのお求めは京都本店のみとなります。
※ご予約はお受け取りご希望日の3日前までをめどに承ります。詳しくはお問合せ先・販売員までおたずね下さいませ。
※WEB公式オンラインでのお取扱いはございません。


半年間の穢れを禊ぎ、夏の健康を願う「夏越の祓(なごしのはらい)」。


夏越の祓(なごしのはらい)は、1000年以上も昔から続けられてきた厄払いの神事です。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)を起源とし、宮中においても古くから大祓がおこなわれてきました。1年の折り返し地点である6月に、半年の間に身についた穢れや災いを祓い落として心身を清め、夏の疫病や災厄などから免れることを祈願します。


平安時代から、夏越の祓が行われる6月30日に食べられていたのが生菓子「水無月」です。宮中の貴族たちの間には夏越の祓の際に、冬の氷を保存した「氷室」より取り出した氷を食べて無病息災を願い、暑気を払う習慣がありました。しかし当時の氷は大変貴重で、庶民には手が届きません。そこで氷に似せた和菓子として誕生したのが「水無月」です。


鶴屋吉信では他にも、「御所氷室」「夏越川」など、この行事にちなむお菓子をとりそろえています。詳しくは「夏越の祓」特集ページにてご確認ください。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP