東京ローカルのおいしいラーメンが食べたい|鶏醤油ラーメン

東京ローカルのおいしいラーメンが食べたい|鶏醤油ラーメン

意図せぬ出会いもローカルグルメの魅力


今日はカレーが食べたい。


でも「今晩はカレーだから」と家族に釘を刺されている。


どうしようか、何を食べようか、どこで食べようか。


優柔不断に昼時の町をさまよい、空腹にうんざりし始めた頃


たまたま行き着いたとあるラーメン店。


ラーメン+ライス+馬もつ煮は贅沢!


鶏醤油ラーメン、ライス、馬もつ煮


注文したのは鶏醤油ラーメンのチャーシュートッピング。そしてライス&馬もつ煮のオプション。
若干の「やってしまった感(いい意味で)」は否めないが、食べたかったのだから仕方がない。


ラーメンの横に馬もつ煮が並ぶ脈絡のない食卓になってしまったが、
ひとりで来ているのだから、気にする必要もないだろう。


鶏ガラベースの醤油ラーメンは淀みのないスッキリ味。
コクも塩味もいい具合に決まっていて、非常に食べやすい。


麺はコシのある細めのストレート。
ツルっとしていてもスープがいい感じにまとわって、本当に相性がいい。
そこにチャーシューを挟めば、こってり感の抜き差しは自由自在。
実によく計算された、頭脳的な配膳だと思った。


鶏醤油ラーメンと馬もつ煮ごはんを縦横無尽に往来


馬もつ煮


もつ煮をプラスできるのは、バーの一面も併せ持つからか。
よく煮込まれていて臭みもなく、言われないと馬もつとは気がつかない。


馬もつ煮をライスにのせる。


もつ煮を一度ごはんにかけて「もつ煮めし」にした後は、


麺、馬もつ、米、そしてスープを口に。


喉もとを過ぎたら海苔をつまみ、もつ煮と米とメンマをくるみ、


一度にほうばったあとにスープで流し込む。


麺、スープ、具、もつ煮ごはんの間を縦横無尽に駆け抜ける、ラーメンライスの作法で一気に完食。
食べている途中の記憶はすでに曖昧で、いま書いたことすらその通りだったのかどうか。


答え合わせをしに、またお邪魔します。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP