千葉県給食あるある。あなたは「麦芽ゼリー」派?

千葉県給食あるある。あなたは「麦芽ゼリー」派? それとも「ちはなちゃんゼリー」派?

エリアや年代にもよるが、千葉県民に給食について尋ねると「麦芽ゼリー」や「みそピーナッツ」が挙げられる。千葉市では、千葉市産のにんじんのみを使った「ちはなちゃんゼリー」も存在しているのだとか。それらがいったいどんな味だったのか、果たして人気はあったのか、千葉県民に聞いてみた。

茶色い見た目の麦芽ゼリーは、どんな味?


「フルヤ乳業」が製造し、1978年から「千葉県民のおやつ」として学校給食で親しまれている麦芽ゼリー。茶色の見た目はあまりおいしそうに見えないが、その味はいったいどんな味なのだろうか。



SNSや出会った千葉県民に聞いてみると、「固形のミロを薄めたような地味な味」という人もいれば、「ココア味のムースみたい」という人も。硬さは、ゼリーほど硬くなく、ムースほど柔らかくもないという。


麦芽ゼリーが嫌いだという人には出会わず、懐かしむ声が圧倒的に多かった。千葉県内にあるドラッグストア「ヤックス」創業55周年記念で、麦芽ゼリーが期間限定販売されたことからも、麦芽ゼリーの人気がうかがえる。今でも給食に出している小学校があるので、麦芽ゼリーは千葉県の新たな世代へと着実に引き継がれている。


にんじん味の「ちはなちゃんゼリー」 


ちはなちゃんは、千葉市が推進する「花のあふれるまちづくり」のシンボルキャラクターのこと。千葉市の花である「オオガハス」の妖精で、ちはなちゃんのプロフィールは千葉市ホームページでも紹介されている。そんなちはなちゃんの名前が付けられたちはなちゃんゼリーは、千葉市産のにんじんを使って作られた鮮やかなオレンジ色のゼリーだ。


 




平成17年10月には、千葉市教育委員会、千葉市農政センター、千葉市学校栄養士会が中心となり、JA千葉みらい、千葉県学校給食会等が参加・協議を行い、千葉市産のにんじんのみを利用した「にんじんゼリー(ちはなちゃんゼリー)」を製品化し、千葉市全校に供給された。


(引用:独立行政法人農畜産業振興機構より) 



2005年以降千葉市内の学校に通っていた人なら知っているだろうが、市外になると知らない人が圧倒的に多い。ちはなちゃんゼリーに出会うことがあったら、そのチャンスを逃さずすぐに購入したい。


千葉県給食の定番といえばやはりこれ、「みそピー」 


麦芽ゼリーやちはなちゃんゼリーは千葉県の中でもエリアや年代によって知らない人もいるが、みそピーには多くの千葉県民が反応した。


みそピー


「ジャムみたいに小さなビニールに入ってました。袋の端を切り、歯でこそいで直接食べてました」
「袋のまま押し出してチューチュー食べてた」



という声が多く、ご飯に乗せて食べる人よりもみそピーだけを食べて楽しむ人が多いようだ。千葉ではスーパーや直売所で売られているので、私も購入してみた。原材料名を見ると落花生とみそ以外にグラニュー糖、水あめ、はちみつと書かれている。食べてみると、予想以上の甘さを発揮していた。このままでは甘すぎたので、ナスのみそ炒めに加えてみたがやはり甘い。人によってはこのままお酒のおつまみとして食べる人もいるが、個人的には何かと和えて隠し味てきに使ってみたいと思った。山登りのときに食べた、みそピー入りおにぎりはおいしかったので、登山やマラソンなど体力を使うときはこの甘さが体を癒やしてくれそうだ。


自家製みそピーを作っているという人が、「給食やスーパーのは落花生の周りのみそが柔らかいのですが、家で作るのはカリカリしています」という。自家製だと落花生の炒り具合や甘さも自分好みに加減できて、自家製みそを使ってオリジナルのみそピーを楽しめそうだ。


麦芽ゼリーとちはなちゃんゼリーは手に入る場所が限られているが、みそピーはふつうに売られているので、千葉に足を踏み入れた際はこれらを手に入れて堪能してみてほしい。


編集部ピックアップEDITER’S PICK UP