グリーンバーガー<テリヤキ>|動物性食材や五葷を使用しない環境と身体に優しいバーガーの第2弾

グリーンバーガー<テリヤキ>|動物性食材や五葷を使用しない環境と身体に優しいバーガーの第2弾

2021年9月22日(水)から、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、原材料に動物性食材を使わず、野菜と穀物を主原料に使ったハンバーガー「グリーンバーガー<テリヤキ>」を新発売します。

環境と身体に優しいバーガー第2弾

モスフードサービスでは、バンズの代わりにレタスで挟んだハンバーガー「モスの菜摘」や、お肉を使わず大豆由来の植物性たんぱくを使用した「ソイパティ」商品を提供するなど、健康志向や食に制限のある方々にも一緒に食事を楽しんでほしい、という考えのもと、おいしさや健康に配慮したメニューの開発に取り組んできました。

昨今のフードダイバーシティにより、食文化や食習慣、あらゆる思想、老若男女、外国人の方などへの柔軟な対応が求められており、多様化するニーズに応えるため、昨年3月に「原材料に動物性食材と五葷※1を使用しない「グリーンバーガー」を発売しました。環境や健康、モスバーガーをイメージする“グリーン”を商品名とし、緑色のバンズを使用することでより象徴的な商品としており、お客さまからも大きな反響があったそうです。
※1仏教などで食を禁じられている臭いの強い5種の野菜(ねぎ、らっきょう、ニラ、にんにく、たまねぎ)のことです。

今回は「グリーンバーガー」の第2弾として、モスが元祖※2の「テリヤキバーガー」を、動物性食材を使わずに表現しました。「グリーンバーガー<テリヤキ>」で使用するテリヤキソースとグリーンマヨソースは、本商品のために新たに開発したもので、動物性食材及び不使用のソースです。また、モスバーガー店舗(特殊店を除く)として初めて『パキッテ』※3を採用しており、ソースを別添えで提供します。お客さまがソースの量を自由に調整することができるため、ご自身のお好きな量にカスタマイズしながらお楽しみいただけます。多様化する食のニーズに対して、食材だけでなく、食べ方の視点でも新しい楽しみ方をご提供していきます。
※2日本の大手ハンバーガーチェーンにおいて初めて発売(1973年5月)
※3調味料などを片手で手を汚さずに素早くかけられる容器です。

「グリーンバーガー<テリヤキ>」(580円)

原材料に動物由来のもの(肉、魚、卵、乳製品など)と、臭いの強いを使用しないハンバーガーです。大豆由来の植物性たんぱくをベースとしたソイパティを、グリーンリーフやトマト、細切りレタスといった野菜と一緒に緑色のバンズで挟みました。別添えの『パキッテ』でご提供するテリヤキソースとグリーンマヨソースは、お好みで量を調整しながらお使いください。ソイパティは大豆由来の植物性たんぱくをベースに、しいたけエキスで旨み、こんにゃくやキャベツで食感や甘みを加え、お肉同様の食べ応えを実現しました。バンズは、豆乳クリームをバター状にして加えてしっとりとした食感を出し、ほうれん草ピューレーを練りこみ、ほんのりとした野菜の甘みが感じられます。

ソースのポイント

●テリヤキソース
グリーンバーガー専用のテリヤキソースは、てんさいを原料とした上白糖を使用してあっさりとした甘みを出し、マスタードとブラックペッパーでキレを出しました。動物性食材不使用ながらも、旨みやコクが感じられるテリヤキソースに仕上っています。

●グリーンマヨソース
グリーンマヨソースはマヨネーズの主原料である卵にかわるコクを出すために枝豆を配合し、「グリーンバーガー」のイメージカラーである緑色のソースに仕上っています。

<注意事項>
・各食材の製造工場では動物性食材を含む製品を生産しています。
・店舗では、動物性食材と調理機器を共有しています。
・一部副原料に野菜・穀物以外の原料を使用しています。
・低アレルゲンメニューではありません。
・コンタミネーションの詳細は公式サイトなどのアレルギー情報をご確認ください。

商品概要

■商品名・価格:「グリーンバーガー<テリヤキ>」(580円)
■販売開始日:2021年9月22日(水)*定番商品
■販売店舗:全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)
※今回の発売に伴い、第1弾の「グリーンバーガー」は販売終了となります。

店舗の休業や営業時間の変更および、メニューの一部を販売中止している場合があります。また、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、お客さまの安全を第一に考え、安心してご利用いただけるように努めています。詳細は公式サイトをご確認ください。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP