【6/1オープン】【地産地消】地元の伝統食材のストーリを伝える。ライブ感あふれる和食の一宮モーニング 『朝食

【6/1オープン】【地産地消】地元の伝統食材のストーリを伝える。ライブ感あふれる和食の一宮モーニング 『朝食 弁』

2022.06.01

国産小麦と地元のオリザの米油であげるドーナツモーニングが好評のカフェ『Bens Morning cafe』を運営している、BLUE株式会社は、お客様の健康と地域の持続可能性をコンセプトに、完全予約制の和朝食モーニングのお店「朝食 弁」を愛知県一宮市向山町(一宮高校近く)に2022年6月1日にオープン。

6/1に予約制の和朝食モーニングのお店『朝食 弁』がオープン。

地元の生産者さんがこだわって作る和のモーニングコース『弁の和朝食』(1,980円)を提供。(ソトコトオンライン編集部)

稲沢祖父江の平飼い卵の卵かけごはん(+320円)、知多の無添加しらす干し(+350円)、犬山の無添加ソーセージ(+550円)などの地元のこだわりの生産者さん達のオプションを選んでいただけると『美味しい炊き立て土鍋ご飯』がさらに美味しく食べられます。

また、『弁の和朝食』は、地元の伝統的な無添加の発酵食品を使用することによって腸内環境のバランスを整える効果も期待できます。体にも優しく、美味しく、地域文化の継承にもつながる最高のモーニングです。

『弁の和朝食』は、炊き立ての土鍋ご飯をご提供するためと、地元の”もの”のストーリーを皆様にお伝えするために、完全予約制となっております。

メニュー紹介

■先付け
国産大豆と天然にがりで作った一宮の豆腐と季節の野菜
知多の天然塩と豊橋の天然醸造濱納豆を添えて

お豆腐は、一宮で3代続くノリタケトーフ工房。こだわりの国産大豆と天然にがりで作る風味豊かなお豆腐。
調味料は、知多の天然塩と豊橋の『国松の天然醸造濱納豆』。濱納豆は、1300年前に鑑真が持ち込んだとされる大豆の調味料で、天然醸造の生きた酵母が体にうれしい。
お皿は、木曽川の上流土岐市の世界的な陶芸作家『RYOTA AOKI』の『アシェットブランシェ』皿。

■椀物
旬のお野菜・愛知県産三河米豚と伝統製法の天然醸造お味噌の御味噌汁

お味噌は、700年続く岡崎八帖町『まるや』の伝統製法の天然醸造八丁味噌の赤だしか、松本市産の米と大豆を伝統製法の味噌玉造りで天然醸造した『萬年屋』の信州味噌からお好きな方を選択可能。

お椀は、南木曽町の漆職人小椋さんの作品で、漆はご自身で植樹した自家栽培の漆の木からとった漆を配合しており、木地は尾張国府宮神社に奉納した作品と同じ欅の木を使用した限定品。

味噌もお椀もギャラリーでも購入可能(店のお椀は限定品のため、販売商品はひとまわり小さい欅のお椀)

生産者との交流:木曽川の上流、南木曽の漆職人小椋さんとBLUE株式会社代表取締役長尾和真さん

■炊き立て土鍋ご飯と添加物不使用の伝統製法のご飯のお供

大口町の『服部農園』の「ひのひかり」をミシュランレストラン御用達の土鍋を用いた最高のご飯

知多の『岬水産』の愛知県産のお魚と無添加しらす干し(しらす干しはオプション+350円)
添加物不使用の季節のお漬物
(今月は昔ながらの無着色たくあん、無着色飛騨の赤かぶ漬け、麹から手作りの本ウリの粕漬け)

■稲沢祖父江の平飼い卵かけごはん(オプション:+320円)

稲沢市祖父江の平飼いたまご『歩荷』の卵かけご飯(+320円)
大口町の『服部農園』の飼料用米を食べた『歩荷』の平飼い卵は、『服部農園』の特別栽培米「ひのひかり」との相性は最高。『歩荷』の平飼い鶏の鶏糞は『服部農園』の有機肥料になり、資源の地域循環をしている。

店舗概要

店舗名:『朝食 弁』
営業時間:完全予約制の4部制 スタート時間 8:00、9:45、11:30、13:15

店舗場所:愛知県一宮市向山町2-41向山コーポラス101(一宮高校近く)
メニュー:『弁の和朝食』 おひとり様 1,980円(税込)
オプション:稲沢祖父江の平飼い卵かけごはん(+320円)、知多の無添加しらす干し(+350円)、知多の無添加完熟100%みかんジュース(+660円)、犬山の無添加ソーセージ(+550円)など

この情報のまとめ

・6/1にオープン
・予約制の和食モーニング
・和のモーニングコース『弁の和朝食』も提供