有楽町ビルで離島の厳選グルメが味わえるイベント「島の魚食WEEK」

有楽町ビルで離島の厳選グルメが味わえるイベント「島の魚食WEEK」

2022.11.14

特定非営利活動法人『離島経済新聞社』が2022年11月14日(月)から11月18日(金)まで、『micro FOOD & IDEA MARKET』とのコラボレーションイベント「ritokei×有楽町 micro FOOD & IDEA MARKET『島の魚食WEEK』」を開催。

全国約400島から厳選した、4つの島の魚介グルメを食す

日本の島々に存在する島国の宝を未来につなぐことを目的に、日本の有人離島に特化した情報発信や地域支援事業を行う『離島経済新聞社』と、日本財団『海と日本プロジェクト』のコラボ企画。島の宝のひとつ、「魚」にフォーカスしています。離島の極上グルメをたっぷり味わう機会として、全国約400島から厳選した「気仙沼大島(宮城県)」「家島(兵庫県)」「笠戸島(山口県)」「島野浦島(宮崎県)」の魚介をつかったメニューを提供します。

<ritokei×micro FOOD & IDEA MARKET「島の魚食WEEK」概要>

・日程:2022年11月14日(月)~2022年11月18日(金)
昼:11:30-15:00/夜:17:00-20:00(20:30飲み物ラストオーダー)

・会場:
micro FOOD & IDEA MARKET
東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F
https://yurakucho-micro.com/

・アクセス:
JR有楽町駅[JR中央西口](徒歩2分)
日比谷線日比谷駅[B1](徒歩2分)
有楽町線有楽町駅[D1](徒歩3分)
有楽町駅から136m

・イベント内容:

全国4地域の島(宮城県気仙沼大島・兵庫県家島・山口県笠戸島・宮崎県島野浦島)の島から直送される「島の魚」を使ったメニュー提供/ランチは4種のDELIから2種選んでいただくワンプレート、ディナーは4種全てが入ったプレートをご用意

<DELIメニュー>
・牡蠣のグラタン(気仙沼大島)
・えびカレー(家島)
・ヒラメのソテー デュグレレ風ソース(笠戸島)
・かんぱちの黒酢あんかけ(島野浦島)

牡蠣(気仙沼大島/宮城県)

気仙沼大島の牡蠣は粒の大きさが特徴。ミネラル豊富な水が山からリアス式海岸に流れ込む、プランクトンの豊富な海域で養殖されているので、大きく育ち旨味もたっぷり。グラタンにして提供します。

小えび(家島/兵庫県)

底引き網漁で夏に多く捕れる体長5~7センチほどのアカエビやトラエビを家島では「小エビ」と呼びます。殻ごと茹でた小エビの出汁で野菜を煮て、むき身を入れるえびカレーは家島の家庭料理。濃厚なエビの風味が楽しめます。

ヒラメ(平戸島/山口県)

平戸は天然ヒラメの漁獲高では日本有数の港町。潮の流れが速いため身が締まり、旨味がのった味わいが特徴です。今回は、ソテーしたヒラメをフランス料理のひとつデュグレレ風ソースのソースで提供。

カンパチ(島野浦島/宮崎県)

潮通しの良いきれいな環境で養殖され、活きの良い身のしまったカンパチは、ぷりぷりした食感と甘みのある味わいが特徴。今回は、黒酢あんかけで提供。

特定非営利活動法人「離島経済新聞社」
団体サイト:https://ritokei.org/ 自社メディア :https://ritokei.com/
活動内容:「島の宝を未来につなぐ」をミッションに、約100万人が居住する国内約400島の有人離島地域に特化した有人離島専門メディア『ritokei』の発行および、SDGsを志す企業や行政、島々のキーマンと連携した地域振興プロジェクトを展開。

日本財団「海と日本プロジェクト」
https://uminohi.jp/
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。