フードロスや環境保全を意識したケータリングサービスが「ソーシャルプロダクツ賞」を受賞

フードロスや環境保全を意識したケータリングサービスが「ソーシャルプロダクツ賞」を受賞

オイシックス・ラ・大地株式会社の子会社である、企業やブランドのイベントなどでオーダーメイドケータリングサービス事業などを手掛ける株式会社CRAZY KITCHEN(以下:クレイジーキッチン)は、今年で8年目となる一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会主催のソーシャルプロダクツアワードにて、ケータリングサービス「サスティナブルコレクション」が「ソーシャルプロダクツ賞」を受賞しました。


61


今回受賞したケータリングサービス「サステナブルコレクション」は、アワードの自由テーマである「生活者が「持続可能な社会」づくりに参加できる商品・サービス」にノミネートし、フードロスや未利用資源活用に取り組み、食を通して社会問題を学ぶことができる食育の要素もある点から、ソーシャルプロダクツアワードに選定されました。


審査員評価


フードロスや未利用資源活用に取り組む、ユニークで良質なモデル。魅力的なメニュー展開やアーティスティックな演出は、ソーシャルな食体験をお洒落なエンターテインメントに仕上げている。食材の背景にあるストーリーを、メニューを通して伝える取り組みは、食にまつわる社会問題を学ぶことができる食育としての要素も期待される。調理過程で出る生ごみを堆肥化して循環させる、ケータリング提供時に必要となる食器やコップなどにも環境配慮を行うなどトータルで社会課題に取り組んでいる点も評価が高い。パーティーシーンだけでなく、家庭用やオフィスデリバリ等、様々なシーンでの広がりを期待したい。


ソーシャルプロダクツ・アワードとは 


ソーシャルプロダクツの普及・推進を通して、持続可能な社会を実現することを目的にした、日本で初めての、そして唯一の、ソーシャルプロダクツを表彰する制度です。※ソーシャルプロダクツとは「エコ(環境配慮) 」や「オーガニック」、「フェアトレード」、「寄付つき」、「地域や伝統に根差したもの」など、人や地球にやさしい商品・サービスの総称で、購入者が持続可能な社会づくりに関する行動や団体とつながることができるものをいいます。


62


「サステナブルコレクション」とは


「Attention to a life -命の循環-」をコンセプトに、一般の市場に出回らず廃棄されてしまう、未利用魚や害獣を使用し、日本各地に起きている食材にまつわる社会課題の解決につなげつつ、食材の魅力やおいしさを存分に生かしたオリジナルの商品です。料理のお届けのみの「Delivery Type」(3,500円(税抜)/人:写真左)と、スタッフが伺いセッティングからサービス、片付けまでを行う「Display Type」(3,500円(税抜)/人:写真右)の2つのプランがあります。料理の内容は、真珠養殖の副産物として養殖されているヒオウギ貝、引退した競走馬の堆肥で育ったッシュルーム、環境への負荷が少ないダチョウ肉、本来はキャビアを採った後に廃棄されてしまうサメ、ジビエのイノシシ、日本の原風景である棚田のお米、ASC認証を取得した銀鮭、生育から販売までフェアトレードで管理されているアマゾンカカオなど、通常では出会えない、めずらしい食材を提供します。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP