1日20万個の丸ぼうろを生産する菓子メーカー本村製菓から新商品「SAGABOLO」が登場

1日20万個の丸ぼうろを生産する菓子メーカー本村製菓から新商品「SAGABOLO」が登場

さが県産品流通デザイン公社では、2019年度より、県内事業者の育成支援の一環として、事業者を選定の上、外部専門家のノウハウやスキルを活用した実践的なブラッシュアップ事業を実施しています。この対象事業者のうちの1社で、2020年度から支援している、佐賀県佐賀市の菓子製造メーカー「本村製菓」が、新商品「SAGABOLO」を開発し、2021年6月8日(火曜日)よりゆめタウン佐賀にて限定販売を開始されます。


11
SAGABOLO(いちごジャムサンド)

本村製菓は、1953年の創業以来、佐賀県を代表する銘菓のひとつ「丸ぼうろ」を中心に菓子製造メーカーとして製法、そして九州の食文化を大事にしながら製造を続けてきており、現在では1日約20万個の丸ぼうろを製造し、丸ぼうろの生産数は日本一とのこと。そんな本村製菓から満を持して新商品「SAGABOLO」が発売されます。


12
商品パッケージ

新商品「SAGABOLO」は、400年以上前にポルトガルから伝えられた日本初の西洋菓子「丸ぼうろ」を、今回初めて「ジャムサンド」にしたもので、ジャムには、佐賀のブランドいちご「いちごさん」をふんだんに使用しています。また、通常の丸ぼうろよりも食べやすいようにサイズも一回り小さくしました。この「SAGABOLO」を、2021年6月8日(火曜日)より、ゆめタウン佐賀にて限定販売されます。


新商品「SAGABOLO」概要


商品名:SAGABOLO(いちごジャムサンド)(5個入り)
参考価格:213円(税込み)
賞味期限:製造日より30日間(未開封)  
保存方法:直射日光を避けて常温保存
発売開始日:2021年6月8日(火曜日)
販売場所:ゆめタウン佐賀 1F 食品館(佐賀県佐賀市兵庫北5丁目14−1)