思わず「甘噛み」しちゃうジャムみたいな贅沢な果肉感がたまらない極上の果肉梅酒「甘噛み梅酒」

思わず「甘噛み」しちゃうジャムみたいな贅沢な果肉感がたまらない極上の果肉梅酒「甘噛み梅酒」

リカー・イノベーションが運営するお酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」が、「甘噛み梅酒」を2021年7月14日(水)17:00から一般販売開始します。


「甘噛み梅酒」の魅力


81


■贅沢果肉たっぷりな極上「甘噛み」食感の秘訣


果肉たっぷりで贅沢な「甘噛み」できちゃうような食感が特徴的です。その秘密は、丁寧な果肉の仕込みにあります。一粒一粒、完全手作業で梅の実から種を取り、1kgずつに分けて果肉を粉砕しています。手間を惜しまず仕込むことで、とろっとした果肉たっぷりの「甘噛み」食感が生まれます。完熟梅の極上な風味、蜂蜜のリッチなコク、それを一層豊かに感じるこだわり食感を存分にご堪能ください。


■熊谷唯一の酒蔵が造る、地元素材にこだわる梅酒


「甘噛み梅酒」を造っているのは、埼玉県熊谷市で唯一の酒蔵「権田酒造」です。170年以上の歴史を持ち、温故知新の酒造りを続けています。「甘噛み梅酒」では、そんな蔵の造るこだわり日本酒に、地元で有名な梅の産地である、埼玉県寄居町の中間平産の手摘み完熟南高梅を丁寧に漬け込み、熟成しています。さらに熊谷の蜂蜜屋から仕入れた蜂蜜を使用し、贅沢な甘みを引き出しています。


82


■果肉感を活かしたアレンジなど、楽しみ方いろいろ


完熟南高梅の甘酸っぱさと蜂蜜の甘みは濃厚で、ロックやソーダ割りにしてもコクを失うことなく芳醇な味わいを楽しめます。贅沢な果肉感を活かすなら、アイスやヨーグルトにかけるアレンジもおすすめです。フルーツソースのようなとろ~り食感と濃厚な風味がアクセントになり、高級スイーツのような品の良い味わいを演出してくれます。


権田酒造(埼玉県)について


85


「権田酒造」は、江戸末期の嘉永年間(1850年)の創業以来、埼玉県熊谷市で170年以上続く酒蔵です。熊谷は荒川・利根川という二大河川が近接し、清らかな伏流水が湧きだす、酒造りに恵まれた土地です。熊谷市で唯一の酒蔵となった現在でも、昔ながらの製法を守り、すべて手造りで酒造りをおこなっています。現当主・7代目は、伝統と技術を引き継ぎながら改良を加え、地元熊谷のみならず多くの人に愛される酒造りを目指し、日々挑戦し続けています。


86


<造り手からのコメント>


権田直仁さん (次期7代目蔵元)



他にない濃厚で贅沢だけど優しい味わいの梅酒です。手作業で心を込めて造ってます。是非お楽しみください。



商品詳細


商品名:「甘噛み梅酒」
アルコール分:10度
内容量:500ml
販売価格:2,990円(税込)
販売開始:2021年7月14日(水)
製造元:権田酒造(埼玉県)

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP