辛いけど、止まらない。「麻婆麺専門店マジン堀江本店」【大阪ローカルラーメン】

辛いけど、止まらない。「麻婆麺専門店マジン堀江本店」【大阪ローカルラーメン】

2022.06.11

ラーメンの製麺所の営業職まさです。 全国各地の多種多様なローカルラーメンを食すこと年間400杯。 ローカルラーメンの美味しさを探し求める方にご紹介したいラーメンをお届けします!

大阪の西区にある京セラドームから10分ほどのラーメン店「麻婆麺専門店マジン堀江本店」をご紹介します。
京セラドーム大阪は、1970年に大阪ガスの跡地に完成。東京ドーム、福岡ドームに次いで、日本で3番目のドーム球場として開場しました。2005年からオリックスバッファローズの本拠地としても知られています。
最大収容人数55000人を誇る国内最大級のドームで、プロ野球はもちろん、コンサート、イベント、運動会、結婚式等、様々な用途で愛されている空間です。アイドルやアーティストなどがドームツアーをされるのは今では当たり前になっていますが、2001年に5大ドーム(札幌、東京、ナゴヤ、大阪、福岡)を始めてツアー公演したのは、SMAPです。

お店に到着

京セラドームから10分ほどの場所にお店があります。昼は、麻婆麺専門店、夜は鶏料理の居酒屋の二毛作店とのことです。

メニューはこんな感じです。辛いのが苦手な方は、カレー麻婆麺(950円)だが、おすすめは麻辣麻婆麺(1000円)とのことで、後者を注文しました。値段は少し高いように思えるが、おかわり無料のご飯、ザーサイがついてくるとのことで、コンパは良いと思われます。

店内は、香辛料の香りが充満しており、食欲が引き立たせられます。中華料理店などでよく香る、スパイシーさ、甘さなど、なんの香辛料かわからないが良い香りがするあの匂いです(笑)
胸を躍らせ待つこと15分ほどで到着。これぞ王道といった麻婆のビジュアルは圧巻。ネギと豚ひき肉、唐辛子、卵黄がトッピングされており、小皿のザーサイ、味変も楽しめそうです。ご飯と麻婆で最初の一口をいきたいところだが、欲を抑え、麻婆麺とのことで、まずは麺をすする。

中太で、モチモチの食感で存在感がある麺です。大阪の製麺所の特注麺を使用しており、麻婆の濃い味付けに負けなく、それでいてしっかり小麦の風味が感じられます。油分が多いスープが程よく絡み、胃もたれの心配もなしです。麻婆の味付けは非常に辛いですが、嫌な辛さではなく、旨味がしっかり感じられる味わいで食欲が湧く辛味。汗が滝のように吹き出しますが、これも旨辛料理の醍醐味といえるでしょう。

禁断の食べ方

さて、辛味を十分に味わう事ができたので、次はマイルドさが欲しくなったので、禁断の食べ方をするとします。卵黄を割り、麺に絡ませて、一口。先程の辛味とは裏腹に、優しい食べやすい麻婆麺に変化。汗が落ち着き、辛味からの甘みの緩急の差がすごく、中毒性が抜群。激辛麻婆麺の違う顔を見る事ができます。
大阪の来た際は、立ち寄ってみてはいかかでしょうか。

店舗情報

麻婆麺専門店 マジン 堀江 本店
instagram:@majin_horie
住所:大阪市西区北堀江1丁目15−8
TEL:06-6568-9499
営業時間:日・火定休日
     11:30〜15:00

文・写真:まさ
*店舗情報・メニュー内容は取材時点の内容でございます。