廃棄ロス削減に取り組む。地方発・播州織ブランド「POLS

廃棄ロス削減に取り組む。地方発・播州織ブランド「POLS 2021 年春夏コレクション」

創業100年を超える播州織のテキスタイルメーカー株式会社丸萬(以下:丸萬)の製品ブランド「POLS(ポルス)」は、11月4日(水)から「2021年春夏コレクション」の受注生産のオーダー受付を開始します。


個人の購入希望者から受注した数量を基本に生産することで、ブランドやショップにおける過剰在庫の発生を防ぎ、新品の衣服を廃棄してしまうアパレル業界の『廃棄ロス問題』に対する新しい取り組み方を提示しています。


0501
独自のジャカード技術と、テキスタイルデザイナー梶原加奈子氏(2019年度「繊研賞」受賞)との協業ブランド

播州織の低迷がコロナ禍で加速、廃棄ロス解消がアパレル業界の課題


播州織は、1970~90年代において、安価で高品質な織物として、世界中に販路を広げていました。しかし、プラザ合意などの為替変動や、海外からの低価格商品との競争で、生産量はピークの時の10分の1ほどに落ち込んでいます。新型コロナウィルスの影響で、アパレルショップの閉店や倒産が相次ぎ、川上の播州織生地メーカーの生産量はさらに減少傾向にあります。また、近年はファストファッションの台頭などで、アパレル業界は大量生産による供給過剰で廃棄ロスがますます深刻化し社会的な問題となっています。


コンピュータジャカードによる世界に1つの生地を、独自技術で最小生産


丸萬は、1901年の創業より兵庫県の西脇産地を中心に先染織物を製造販売してきました。コンピュータジャカードの織組織(おりそしき)プログラミング技術に高いものがあり、従来にはない表現の生地を生産しています。この独自技術をベースに、テキスタイルデザイナー梶原加奈子氏とともに播州織テキスタイルプロダクトのブランド「POLS(ポルス)」を2015年に立ち上げました。「POLS」のジャカードは、主要素材が綿のため、家庭洗濯ができる物が多く、世界に一つだけのオリジナルテキスタイルプロダクトとして、永く愛用できます。


0502
ポルスのブランドイメージテキスタイル

2021年春夏の「POLS」シーズンコレクションは、個人の購入希望者からの受注数に合わせた数量を生産することで、過剰在庫を出さない、廃棄ロスの極力抑えた取り組みができます。一般的なテキスタイルの生産はミニマムロットが1000m以上ありますが、経糸を変えずに複数のデザインが表現できる当社独自のジャカード技術により、50mから量産価格で生産ができます。


POLS 2021年春夏コレクション ラインナップ


0503


本コレクションの新作アイテムは、オリジナルジャカードテキスタイルを使ったスカーフ、ヘアバンド、ブラウスやワンピースなどのレディースファッションで、そのほかwithコロナ時代を反映したマスクも発売します。


ウェア:シャツ 5型 / ブラウス 5型、ワンピース 5型 / スカート 4型
小物:マスク 2型 / ヘアバンド 5型、ストール 7型


取り扱い店舗受注会 & オンライン受注会


2020年11月4 日(水)から12月中旬頃まで、国内で提携しているセレクトショップ数店での店舗受注会と、丸萬とMONO JAPAN(オランダ/海外オーダー)の各オンラインショップでの受注販売を予定しています。詳細は、丸萬のホームページにてご確認ください。


東京:NEWOLDSTOCK by オトギデザインズ
大阪:阪急うめだ本店 10階 スーククローゼット
兵庫:播州織工房館
北海道:COQ 
POLSオンラインショップ(国内)
MONO JAPANのオンラインショップ(海外)

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP