東北の魅力を知って・学んで・味わうオンラインの旅

東北の魅力を知って・学んで・味わうオンラインの旅 0泊2時間 東北食べるツアー~生産者と語ろう~

立命館災害復興支援室(※)と、株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋博之)が運営する東北の農家・漁師の姿を伝え続ける「東北食べる通信」は、立命館関係者をはじめ一般の方を対象に、3回目となる「0泊2時間 東北食べるツアー ~生産者と語ろう~」(以下、東北食べるツアー)を、8月21日にオンラインで開催します。


東北食べるツアーは、東北自慢の食材を自宅に届け、その食材をつくった生産者の方とオンラインでつながり、東日本大震災から10年が経った東北の「いま」を、知って・学んで・味わう全6回のオンラインイベントです。既に開催した第1回(岩手県山田町・赤皿貝)、第2回(岩手県釜石市・ドンコ)では、計37人の学生や一般の方にご参加いただき、食材を味わいながら生産者と交流を深めました。


今回は、福島県桑折町の「はねだ桃園」3代目・羽根田幸将さんが育てた「桃」をテーマに、福島の魅力を知って・学んで・味わっていただきます。現地の「人」と「食」を通じてその地ならではの魅力を体験し、復興を目指すまちや人々をより身近に感じ、気づきを得ていただきたいと考えています。


第3回「0泊2時間 東北食べるツアー ~生産者と語ろう~」<福島県桑折町・桃> 概要


日   時: 2021年8月21日(土) 13:00~15:00
開催方法: オンライン(Zoom)
対 象 者: どなたでもご参加いただけます
参 加 費: 2,980円 <以下3点を含みます>
・情報誌(タブロイド版フルカラー16ページ)
・桃 4個(白桃「川中島」や黄桃「黄金桃」など)
・生産者からの手紙


101
撮影:玉利康延

内容 


(1)桃の農園ツアー 
はねだ桃園をバーチャル散歩。完熟を見極めて収穫する技を拝見!


(2)桃の講座
桃農家の1年、品種・美味しい桃の見分け方などをご紹介


(3)“生産者と語ろう”トークセッション
生産者とじっくり交流を深める時間


申込方法:食べる通信サイトよりお申込ください※アカウント登録が必要です(無料)
https://secure.taberu.me/refill/tohoku_180 【締切:8/13(金)正午】 


※立命館災害復興支援室について
立命館災害復興支援室は、東日本大震災発生直後の2011年4月の設置以降、学生・教職員のボランティア派遣や、企業・自治体と連携した復興支援プロジェクトなどを実施し、多くの学生・教職員が学び、活動を続けてきました。本イベントは、コロナ禍で気軽に遠方へ出向くことができない状況が続くなか、現地に足を運ばなくても、東北の魅力を体験し、かつ復興を目指す人々を応援する“新たな復興支援”として取り組んでいます。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP