『イバフォルニア・プロジェクト』事務局|小池伸秋さんの選書

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『イバフォルニア・プロジェクト』事務局|小池伸秋さんの選書 3〜5

2022.03.12

3.ルーズヴェルト・ゲーム

かつて名門と呼ばれた、中堅メーカーの野球部。経営不振、リストラ、ライバル社からの合併提案など、本業の危機を乗り越えながらも団結して勝利を目指す人々の物語です。チームで活動することの魅力を感じました。

書籍情報
著者:池井戸 潤
出版社:講談社

4. マイパブリックとグランドレベル─今日からはじめるまちづくり

行政に頼らない「マイパブリック」の精神で、公共空間をみんなでつくるヒントを集めた本です。グランドレベル(=1階)を重要なものと捉え、海外の1階づくりの事例も挙げています。目指すところの再確認をすることができました。

書籍情報
著者:田中元子
出版社:晶文社

5. 「がんばらない」経営─不況下でも増収増益を続けるケーズデンキの秘密

残業や休日出勤も当たり前、安売り激戦地の家電量販店界。その中で「身の丈にあった働き方をする」「できることをしっかりする」=「がんばらない」働き方を、従業員に徹底している『ケーズデンキ』の経営論についての本です。

書籍情報
著者:立石泰則
出版社:草思社

記事は雑誌ソトコト2022年3月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。