シニア猫・傷病猫を守るシェルターと保護活動維持のためのクラウドファンディング

シニア猫・傷病猫を守るシェルターと保護活動維持のためのクラウドファンディング

2022.11.18

『特定非営利活動法人ねこひげハウス』(埼玉県八潮市)は、クラウドファンディングサービス「READYFOR」で、「シニア・傷病猫を救うねこひげハウス|シェルター活動継続を目指して!」を公開中。500万円を目標に12月16日(金)まで支援を募っています。

プロジェクトURL: https://readyfor.jp/projects/nekohigehouse-shelter

『特定非営利活動法人ねこひげハウス』は、シニア猫や傷病猫の最後の砦のシェルターとして2011年から活動。シニア猫、傷病猫の保護、さらに引き取った猫の高齢化やレスキューの現場での保護活動で、ハウスで世話をしている猫の医療費は膨大になっています。昨年度と比較すると、総経費は約1.4倍、医療費は約2.6倍に増加しています。

医療費の推移状況。

現実として成猫、特にシニア猫や持病のある猫の譲渡を希望される方は非常に少なく、シェルターで保護する猫は増えることはあっても減ることはない状況です。そのため、クラウドファンディングを通じて多くの方からご支援いただき、シニア猫や傷病猫へのケアを適正に継続し、いのちを守る最後の砦としてシェルターを運営していきたいと考えています。

助けられるいのちを一つでも増やし、どんな猫でもいのちを脅かされることなく穏やかに過ごせる場所として、活動を継続できるよう、ご支援と応援を募っています。

プロジェクトの内容

・プロジェクトタイトル:シニア・傷病猫を救うねこひげハウス|シェルター活動継続を目指して!
・URL:https://readyfor.jp/projects/nekohigehouse-shelter
・目標金額:500万円
・募集期間:2022年10月18日(火)9:00~12月16日(金)23:00 59日間
・資金使途:シェルターの1年間の維持費(医療費、家賃、光熱費、餌代、人件費など)
・形式:通常型/All or Nothing形式

※「All or Nothing形式」
期間内に集まった支援総額が目標金額に到達した場合にのみ、実行者が支援金を受け取れる仕組みです。

・リターン:3,000円~500,000円まで計13コース。
「保護しているねこちゃんのデジタル壁紙」
「保護猫の命名権」
「【企業さまおすすめ】HPにロゴ/バナー掲載」 など

『特定非営利活動法人ねこひげハウス』とは

ねこひげハウスでは、2011年に250匹を超える多頭飼育現場に関わり、ボランティア団体を立ち上げ飼育維持をしてきました。当時からの猫たちは高齢となり、その数も半数を占め持病もかかえています。最近では行き場を失くし健康を損ねている猫の保護依頼も増えており、シェルターには約100匹の猫が暮らしています。