『道の駅たがみ』・馬場大輔さんが選ぶ「道の駅を育てる本5冊」

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『道の駅たがみ』・馬場大輔さんが選ぶ「道の駅を育てる本5冊」

2021.11.02

1. 田上町史 ─資料編

田上町のなりたち、歴史、文化を知るために必須であり、基本へと立ち返るための本。神楽や祭りといった伝統芸能の写真も掲載。地域コミュニティにおける文化の役割を意識しながら、 先人たちが残したものを次世代へつなげていきたいです。

書籍情報
著者:田上町著・刊
発売年:1992年

2. 横山 操

新潟県旧・吉田町出身、情熱と憤激の画家の評伝。20代にシベリア抑留、50代で脳卒中による右半身不随の後、左手で制作を再開。困難にも折れることなく絵を描き続けた画家の姿勢にひかれ、やってやるぞという気持ちになります。

書籍情報
著者:村瀬雅夫
出版社:芸術新聞社
発売日:1992/10/1

3. わが思い出は錆びず ─伊藤文吉回想録

以前の職場である『北方文化博物館』元・館長で、越後屈指の大地主である伊藤家8代目当主が世界百数か国を巡り、故郷を見つめ直すことを大切にした自身の人生を回想した本。「自分が生まれ育った町に何ができるのか」を考える礎です。

書籍情報
著者:伊藤文吉
出版社:新潟日報事業社
発売日:2008/6/1

4. 国の競争優位(上・下巻)

国の経済力は何によって決まるのか。そのメカニズムの解明に取り組んだ大作。学生時代に読んだものを今一度読み込んで、大きい観点で物事を考える視点の確認と、全国に約1190か所ある道の駅の競争優位について考えたいです。

書籍情報
著者:マイケル・E. ポーター著、土岐 坤訳、小野寺武夫訳、中辻万治訳、戸成富美子訳
出版社:ダイヤモンド社
発売日:1992/3/1

5. 星野リゾートの教科書 ─サービスと利益 両立の法則

前例にとらわれないけど、基本に忠実。そんな『星野リゾート』の星野佳路社長が教科書とする本を僕も読み、まずはそれどおりにやってみる。運営やマネージメントに力を入れている今、教科書的な一冊。大切なことがたくさん書かれています。

書籍情報
著者:中沢康彦
出版社:日経BP
発売日:2014/6/2

photographs by Hiroshi Takaoka  text by Kaya Okada

記事は雑誌ソトコト2021年11月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。