コロナ自粛後

コロナ自粛後 ストレスはどう変わった?全国10万人調査「ストレスオフ県ランキング2020」発表。

一般社団法人ストレスオフ・アライアンス(事務局:東京都渋谷区、以下:ストレスオフ・アライアンス)は、全国10万人規模のインターネット調査「ココロの体力測定」を基に「日本人とストレス性疲労」の研究を進めています。


毎年5月には、社員である株式会社メディプラス/メディプラス研究所により女性の「ストレスオフ県ランキング(以下、ストレスオフ県)」を発表していましたが、2020年は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受けて同時期の実施を中止。この度、リラクゼーションドリンクブランド「CHILL OUT(チルアウト)」を販売する合同会社エンディアンと共同で、緊急事態宣言明けの7月23日(木)から7月27日(月)にかけて全国10万人の男女(20~69歳の男女各5万人)に「ココロの体力測定」調査を実施し、この度、「ストレスオフ県ランキング2020」を発表しました。


男性第1位は昨年第2位の「青森県」、女性は「鳥取県」が2年連続3度目の第1位に。


第1位には、昨年第2位だった「青森県」、女性は「鳥取県」が2年連続、3度目の第1位になりました。2016年に初のストレスオフ県第1位に輝いて以降、鳥取県ではストレスオフを推進し、女性にとって暮らしやすい環境の維持に努めています。さらに、恵まれた自然環境や、コーヒー県として知られるコミュニケーション文化などさまざまな要因から、コロナ自粛後の今も低いストレスオフ指数を維持できていると考えられます。


0801


青森男性・鳥取女性のストレスオフ要因を分析


【1】 全国平均と比較し、低ストレス者は多く、高ストレス者は少ない傾向


「ココロの体力測定」調査では、厚生労働省のストレスチェックB基準に照らし合わせ、回答者のストレスレベル割合を算出しています。第1位だった青森男性・鳥取女性は、全国平均と比較し「低ストレス者(39点以下)」割合が多く、逆に「高ストレス者(77点以上)」割合は少ない傾向となっており、高いストレスオフ指数に貢献していると考えられます。


▼ストレスレベル 青森男性・全国比較


0802


▼ストレスレベル 鳥取女性・全国比較


0803


新型コロナウィルスへの不安度は、鳥取女性は首都圏女性の半分以下


今回は、東京で新型コロナウィルス(以下、新型コロナ)陽性者数が100人台後半で推移していた7月23~27日の調査。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)では、「不安がほとんどいつも」が男性10.5%、女性15.6%であったのに対し、青森男性は6.2%、鳥取女性に関しては7.5%と半分以下でした。今年のこの特殊な社会状況化において、これもストレスオフ指数の高さの要因の一つである可能性が考えられます。


▼新型コロナウィルスへの不安度 青森男性・全国・首都圏男性比較


0805


▼新型コロナウィルスへの不安度 鳥取女性・全国・首都圏女性比較


0806


コロナ自粛生活に関連する生活への不満が少ない


新型コロナによる自粛生活の中で生活への不満度に関連する項目を見てみると、全国平均と比べ青森男性は「自粛期間後の勤務形態」「職場や自宅の協力体制」への不満が少ない傾向になりました。ストレスオフ・アライアンスの研究では、「通勤」が現代人のストレスに大きな影響を及ぼしています。通勤を含め、仕事にまつわる事柄のストレスの少なさが青森男性のストレスオフ県第1位に貢献している可能性がありそうです。


一方の鳥取女性は、全国平均と比較して「現在の健康状態」への不満がもっとも少なく、コロナ自粛期間は運動不足を感じている人が多かった中、体調を維持できていることを示しています。また「プライベートの満足度」「人とのつながり(リアルな人間関係」」など、コミュニケーション上手なオキシトシン県の鳥取女性ならではの特徴となっています。


▼コロナ自粛後 青森男性・鳥取女性が「不満が少ない」全国順位


0807


積極的に行っているリラックス方法には地域性も


緊急事態宣言期間中は外出もままならず、とくに不自由さを感じた時期でもありました。そんな中、青森男・鳥取女性ともに積極的なリラックス方法が、「温泉」でした。青森男性が全国男性と比較し積極的に行っているリラックス方法は「BBQ」や「ドライブ」などの気晴らしや、「ガーデニング」「日曜大工・DIY」といったおうち時間を楽しむ方法。コミュニケーションを大事にしている鳥取女性は、「同性の友人との食事」が徐々に再開できていることも、リラックスにつながっているのではないでしょうか。また鳥取県と言えば、「コーヒー」。「機能性・栄養ドリンク」も含め、大切なストレスオフ行動になっているようです。


▼青森男性・鳥取女性が積極的なリラックス方法


0807


 厚労省「ストレスチェック」基準のストレスレベルは、低ストレス者が2割以上減少


全国のストレスレベルを2017年から4年間の変化を見てみると、男女ともにストレスの少ない「低ストレス者(39点以下)」の割合は年々減少しており、とくに今年は、男女ともに前年比で2割以上も減少しています。ストレスが多いことを示す「高ストレス者(77点以上)」割合は、コロナ自粛後に実施した今年の調査は増加し、「低ストレス者が減り、高ストレス者が増えた」結果となりました。


▼ストレスレベル 全国男性平均2017-2020年比較


0810


▼ストレスレベル 全国女性平均2017-2020年比較


0811


男女ともに、大きくジャンプアップした「山口県」は総合第1位。「東京都」は男女で差


自然災害も多く、2020年はTOP10の順位に大きな変動がありました。そんな中で健闘したのは、「山口県」です。男性は2019年の16位から第2位に、女性は27位から第3位と、ともに大きくジャンプアップ。結果、男女総合ランキングでは第1位に輝きました。
また「東京都」は男女で差が。男性は28位から6位と順位を上げましたが、女性は17位順位を落とし、42位という結果に。当社団の研究では、首都圏における「通勤」が現代人のストレスに大きな影響を及ぼしています。自粛期間のリモートワークで男性は通勤ストレスから解放され、逆に女性はパートナーが家にいることでストレスが多くなった可能性が考えられます。


▼ストレスオフ県ランキング2020 TOP10


0813


【参考】ストレスオフ県ランキング2020全国結果〈男性版〉


0814


【参考】ストレスオフ県ランキング2020全国結果〈女性版〉


0815


ココロの体力測定2020概要


地 域 :全国
対 象 :男女、20~69歳
手 法 :インターネット調査
実施期間:2020年7月21日〜7月27日
サンプル数:10万人(男女各5万人)※各都道府県500サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエイト修正を行う
設問数 :6問
調査機関:一般社団法人ストレスオフ・アライアンス、合同会社エンディアン

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP