編集者/小誌編集長|指出一正の選書

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 編集者/小誌編集長|指出一正の選書 3〜5

2021.11.11

3. 続 家族のあしあと

戦後の気配が残る時代、千葉県に引っ越した椎名家。干潟をはじめとする豊かな自然の中で飛び回る椎名少年の成長、そして飼い犬との日々と別れ。こういう少年時代を過ごせることは幸せでもあり、また切なさもあると感じました。

書籍情報
著者:椎名 誠
出版社:集英社
発売日:2020/10/5

4. リボン

少女と祖母が育てていたオカメインコのリボン。リボンはどこかに飛び去ってしまうが、行く先々で出会った人々に生きる力を与える存在になります。保護鳥活動を行うNPOへの丹念な取材が物語の厚みを生んでいます。

書籍情報
著者:小川 糸
出版社:ポプラ社
発売日:2015/4/3

5. 銀牙 ─流れ星 銀

虎毛の秋田犬・銀は、殺人熊・赤カブト打倒への執念に燃える猟師・五郎兵衛から、生まれてすぐに厳しい訓練を受けます。熊犬として鍛えられ成長していく銀は仲間と出合い、打倒赤カブトを誓います。家族で愛読しています。

書籍情報
著者:高橋よしひろ
出版社:集英社
発売日:2015/10/30

photographs by Yuichi Maruya text by Sumika Hayakawa

記事は雑誌ソトコト2021年11月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。