『日本ガチャガチャ協会』会長・小野尾勝彦さんの選書3~5

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『日本ガチャガチャ協会』会長・小野尾勝彦さんの選書3~5

2022.05.19

3. ガチャポンのアイディアノート ─なんでコレつくったの?

ガチャガチャライターの著者による、玩具づくりの第一線で活躍する人々へのインタビュー集です。評論家的目線で、ガチャガチャに携わる人や彼らが生み出すガチャガチャ、そしてその業界全体の現状を語っています。

書籍情報

著者:尾松洋明
出版社:オークラ出版

4. コップのフチ子のつくり方

ガチャガチャファンの層を広げた「コップのフチ子」の生みの親で、独自のアート感覚を持つ玩具メーカー『奇譚倶楽部』の社長による一冊。「ガチャガチャとはこういうもの」という信念が垣間見えてくるのがおもしろいですね。

書籍情報

著者:古屋大貴
出版社:パルコ出版

5. 超玩具発想法

「コレジャナイロボ」など、独自の路線を貫きながらも魅力あふれるコンテンツを生み出す『ザリガニワークス』による、雑誌『TV bros.』の連載を単行本化。「玩具のおもしろさとは何か」という発想力を鍛えられる本です。

書籍情報

著者:ザリガニワークス
出版社:東京ニュース通信社

text by Reiko Hisashima, Fumi Itose, Kentaro Matsui, Sumika Hayakawa, Ikumi Tsubone, Etsuko Ishii & Daisaku Mochizuki

記事は雑誌ソトコト2022年5月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。