『トラキルート』・ 山本 誠さん・和佳さんが選ぶ 「プレイスメイキングを楽しむ本5冊」

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『トラキルート』・ 山本 誠さん・和佳さんが選ぶ 「プレイスメイキングを楽しむ本5冊」

2022.11.06

1. しろいうさぎとくろいうさぎ

白いうさぎと黒いうさぎが主人公のお話で、離れたくない二匹が森の中で結婚式を挙げるというストーリー。これは小さいころから本がボロボロになるくらい読んだ一冊。人や相手を想う心を教えてくれた大事な本です。(山本和佳)

著者:ガース・ウィリアムズ(文・絵)、松岡享子(訳)
出版社:福音館書店

2. いのちをいただく

食肉加工センターを舞台に、牛が死ぬこと=命を分けてもらうということなどを教えてくれる本です。私たちはお肉同様に、野菜も同じ生きもので、命を頂いていると思っているので、すごく心に残りました。(山本和佳)

著者:内田美智子、諸江和美(絵)、佐藤剛史(監修)
出版社:西日本新聞社

3. 「洗練」の法則 ─自分らしい生き方が装いの「格」をつくる

イタリアに暮らした著者が、着こなしの極意を書いた本。私が20代のころ、自分の生き方を模索した時期に出合って、“道標”みたいな一冊です。自分の価値観を持つこと、見る目を養うなど、いろいろなことを気づかせてくれました。(山本和佳さん)

著者:光野桃
出版社:講談社

4. 京都の町家の坪庭

京都の町家の中にある坪庭の写真集。農業をする前、私は造園の仕事をしていて、空間をどうバランスよく構成するかなど、参考にした本です。場の動線を考えるうえでも、大事なことを勉強できると思います。(山本 誠さん)

著者:水野克比古
出版社:光村推古書院

5. 有機栽培の野菜つくり ─炭水化物優先、ミネラル優先の育て方

有機農業で有名な著者が、栽培などのノウハウを紹介している本。すべてをじっくりは読んでないですし、紹介されている方法を実践しているわけではないですが、こういうやり方がある、ということを知るのも大事かなって。(山本 誠さん)

著者:小祝政明
出版社:農山漁村文化協会

photographs & text by Yuki Inui

記事は雑誌ソトコト2022年11月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。