栄養良し、手間なし、おいしい! 最大の手間「ひっくり返す工程」を省いて作る広島風お好み焼き

栄養良し、手間なし、おいしい! 最大の手間「ひっくり返す工程」を省いて作る広島風お好み焼き

 突然ですが、みなさんはご家庭で広島風お好み焼きを作った経験はありますか?材料をすべて混ぜ合わせて焼く関西風お好み焼きと違い、広島風お好み焼きはひっくり返したり、重ねたりと手間がかかるイメージはないでしょうか? そこで今回は「ひっくり返さずに」作ることができる広島風お好み焼きを紹介します!実はお好み焼きは、一枚でいろいろな栄養素を摂取できるとても優秀な料理です。10/10の「お好み焼の日」も近づいているので、できる限り手間を減らしつつ、時短でおいしく栄養を取ることができるレシピを紹介します。

広島風お好み焼き
フライパンでも調理可能ですが、今回は同時に複数の材料を焼くことできるホットプレートを使用。

 今回ご紹介するレシピのポイントは2つ。
 1つは、お好み焼きの生地をひっくり返さないこと。「火を通した材料を重ねる」ことで、材料が飛び散ったりする手間を省きました。またもう1つは、すでに千切りになった状態で販売されているキャベツを使うこと。残ったキャベツは、後日サラダなどにも使えるので便利です。


【材料】(一枚分)



  • 小麦粉  20グラム

  • \t
  • 水    50ミリリットル

  • \t
  • 鰹節   少々(無ければ和風だしの素でも代用可)

  • \t
  • キャベツの千切り 二掴み分(約70~80グラム)

  • \t
  • 卵    1個

  • \t
  • 豚バラ肉  2枚(半分に切っておく)

  • \t
  • 焼そば麺  半分


【作り方】


1. 小麦粉、水、鰹節をだまにならないように混ぜる


2. 油を引いたホットプレートの半分ほどのスペースに、生地を流し入れ、優しく広げる(弱火)


広島風お好み焼き


3. その上にキャベツを乗せる(弱火)


4. ホットプレートの空いたスペースで、豚バラ肉を焼く(強火)


広島風お好み焼き


5. 豚バラ肉の両面がしっかり焼けたら、キャベツの上に乗せる(中火)


6. 豚バラ肉を焼いたスペースで、焼そば麺をほぐしながら焼く(中火)


広島風お好み焼き


7. 焼そば麺を豚バラ肉の上に置く(中火)


8. 空いたスペースに卵を割り入れ、黄身をつぶしながら焼く


広島風お好み焼き


9. 焼そば麺の上に卵を重ね、キャベツがしんなりするまで1~2分蓋をしながらで蒸し焼きにする(弱火)


 これで完成です!強火で焼き続けてしまうと焦げてしまうので、火加減は注意してください。また麺や卵の焼き具合は、カリカリでもしっとりでもお好きにアレンジしてみてくださいね。


実は一皿で栄養満点の優秀メニュー


広島風お好み焼き


 実は、10/10は「お好み焼の日」に制定されています。ご存知でしたか?



お好み焼きが鉄板やホットプレートで焼くときにジュージュー(10・10)とおいしく音を立てることと、みんなでホットプレートを囲んで食べる様子が輪(10の0)になって見えることから、「お好み焼の日」に制定されています。
オタフクソース株式会社HPより) 



広島風お好み焼き


 またお好み焼きは一皿でさまざまな栄養が摂れる、とても優秀な料理でもあります。



お好み焼きの魅力は『1枚でいろいろな栄養素を摂取できる点』にあります。代表的な具材といえば、ビタミンCを含んだキャベツ。ビタミンCは抗酸化ビタミンのひとつで、お肌を健康に保つコラーゲンの合成との関わりや、免疫力を高める働きなど、さまざまな作用が期待できます。一方で、ストレスを感じると消費しやすいという特徴があります。そんなとき、キャベツがビタミンCの補給にもつながるはずです。(オタフクソース株式会社HPより) 



 その他にも、豚肉や卵に含まれるタンパク質やビタミンBなど、栄養バランスが整っている料理がお好み焼きなのです。


 前日の夜にでも作っておけば、翌朝はレンジで温めるだけで朝食が用意できますし、洗い物もお皿一枚で済むのでおすすめです。
 みなさんの大切な時間を「調理」ではなく、「食事を楽しむ時間」や「ちょっと一息つく時間」として使ってもらうために、このレシピがお役に立てたら嬉しいです。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP