新色が登場!肌なじみの良い、日本古来の伝統色を採用した「足袋職人がつくったマスク」

新色が登場!肌なじみの良い、日本古来の伝統色を採用した「足袋職人がつくったマスク」

レッグ・インナーウエアの福助株式会社は、福助国内工場の製造技術を活かし、日本製にこだわった様々なタイプのマスクを展開するプロジェクトの一環として販売中の「足袋職人がつくったマスク」より新色を発売することが決まりました。


61
⑥葡萄色 ebiiro

「足袋職人がつくったマスク」は、『福助足袋』にも使われているしわになりにくく丈夫、さらに乾きやすく綿のような風合いの日本製オリジナルポリエステル生地を使用。顔に触れる裏面には綿生地を付けた仕様となっていて、長きに渡り『福助足袋』をつくり続けている国内工場にてつくられたものです。明治15年の創業以来、美しく履きやすい足袋にこだわり、さまざまな工程に最適なミシンの開発を行うとともに裁断や縫製にいたる技術を磨いてきた福助。これらの設備と技術を活かすことで、見た目にも美しく、着け心地の良いマスクになっています。足袋づくりへの思いをマスクに込めて、熟練の職人が一点一点丁寧につくり上げました。


今回の新色は日本古来の伝統色を用いたもので、ニュアンスのあるグレイッシュトーンの色味は肌なじみもよく、着物などの和装にも合わせやすい仕上がりです。一刻も早くこの状況が終息するとともに、少しでもマスクの利用が楽しくなることを願い、新たなカラーを採用しました。


「足袋職人がつくったマスク」概要


商品名:足袋職人がつくったマスク
販売価格:1枚¥1,700(税抜)
サイズ:Mサイズ/Lサイズ(男女兼用)
カラー展開:全6色展開


特徴


■しわになりにくく、綿のような風合いのオリジナルポリエステル生地を表地に、裏地には綿を使用した布製立体マスク。
■いつも清潔、洗えるマスク


ラインナップ


① 深川鼠/fukagawanezu


63
①深川鼠 fukagawanezu

江戸時代後期に流行した色で、色名は江戸「深川」のいなせな若衆や、華美を嫌い、渋さを好んだ芸妓衆が愛用したことに由来します。


②  湊鼠/minatonezu


64
②湊鼠 minatonezu

大阪の湊村でつくられていた、壁や襖の腰貼りなどに使われた湊紙(ミナトガミ)から着想を得ました。江戸後期には、粋で洒落た感じの色が好まれるように大流行しました。


③ 薄鈍色/usunibiiro


65
③薄鈍色 usunibiiro

薄鈍色は、僧服などに使われた色で、平安時代以降には「灰色(はいいろ)」と呼ばれるようになりました。


④ 黄鼠/kinezu


67
④黄鼠 kinezu

黄鼠は鼠色というよりも、黄味のくすんだ色という印象があることから着想を得ました。


⑤ 梅鼠/umenezumi


68
⑤梅鼠 umenezumi

梅鼠(うめねずみ)とは、紅梅の花の赤味のある薄い鼠色のことです。


⑥ 葡萄色/ebiiro


69
⑥葡萄色 ebiiro

葡萄色(えびいろ)とは、山葡萄 やまぶどうの熟した実のような暗い赤紫色のこと。薄く渋い紅色のことです。



  • 素    材:(表地)ポリエステル100%(裏地)綿100%

  • \t
  • 販売形状 :  個包装

  • \t
  • 生産国 : 日本(四国フクスケ株式会社 香川県観音寺市)

  • \t
  • 販売予定 :  2021年4月23日(金)より、福助オンラインストア

  • \t
  •                   ならびに福助楽天市場店にて販売開始。


着用イメージ


610
どなた様にも使いやすいカラー展開
611
横から見た着用イメージ

福助の足袋工場


612
職人による細やかな縫製技術を活用
613
職人による細やかな縫製技術を活用

 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP