農業ジャーナリスト/明治大学客員教授|榊田みどりさんの選書

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 農業ジャーナリスト/明治大学客員教授|榊田みどりさんの選書 3〜5

2022.01.23

3. 家族野菜を未来につなぐ ─レストラン「粟」がめざすもの

多世代の人たちが協力しながら地域で幸せに生きる。そんな地域をつくるために在来種の農家を始めて、現在はレストラン経営など幅広く活動をしている三浦さん夫妻。農業にもいろいろな形があることがわかります。

書籍情報
著者:三浦雅之、三浦陽子
出版社:学芸出版社
発売日:2013/8/15

4. 就村からなりわい就農へ ─田園回帰時代の新規就農アプローチ

「就村」は、その地域への思いが最初にあって農村に住むこと。「なりわい就農」は、仕事、地域とのつながり、自分の暮らしを組み合わせた農業のこと。地域から入り自分らしい農業をつくるのもひとつのあり方です。

書籍情報
著者:図司直也著、筒井一伸監
出版社:筑波書房
発売日:2019/4/23

5. 若者力

日本農業新聞が展開したキャンペーン「若者力」の記事と連載をまとめた一冊です。発想の柔軟さや発信力などを活用して、若い人たちが生み出している新しい農業の形。その全国各地の実例がたくさん載っています。

書籍情報
著者:日本農業新聞取材班
出版社:筑波書房
発売日:2019/5/23

photographs by Yuichi Maruya text by Ikumi Tsubone

記事は雑誌ソトコト2022年1月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。